【冬の天敵】静電気が発生するメカニズムとは? マツコ・デラックスが行っている対策が話題に!?

【冬の天敵】静電気が発生するメカニズムとは? マツコ・デラックスが行っている対策が話題に!?
ドアノブや駅の改札機、車のドアなどに少し触れただけでバチッとくる静電気。
日々のちょっとした動作の中で絶え間なくあの痛みと驚きに襲われ不愉快な思いをしている人の数は数しれずいる。冬の悩み事の一つでもある。
何故あのような現象が発生するのか?冬に頻繁に起きる理由とは?
簡潔に説明していきます!


静電気はバランスの乱れから訪れる!?
そもそも、この世に存在する物体全てにおいてマイナスとプラスの電気が存在している。
このマイナスとプラスのバランスが不釣り合いになり、摩擦や力が加わると「マイナス電気」が物体から移動し、どちらかが多くなる。
この状態を「帯電」といい、余った「プラス電気」は「マイナス電気」と結合しようとする。その結合する瞬間に電流が流れ、静電気と呼ばれる「放電」が行われるのだ。

人間は、摩擦や衣類の擦れなどによって「プラス電気」を帯電していることが多い。その時に金属等と触れることで、金属の「マイナス電気」と一気に結合し電流が流れる。静電気でバチッとくるのは、体にたまっていた電気がドアノブに逃げるからだよ。金属でできたノブは電気が流れやすい。ノブに手が触れたとき、電気が一気に流れて少し痛く感じる。

冬に静電気は湿度と物質の水分量が起因している!
極端に言えば湿度が高くなると、静電気の発生量は少なくなる。
湿度が高いと物質の水分量が増すため表面の電気伝導性が向上し、電荷漏洩の速度を速める。簡単に言うと水分が物質の表面に多くあると、物質に発生した静電気をすばやく分散してしまう。ということ。

あわせて読みたい

Nicheee!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月11日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。