今まで何人のバースが再来したのか

今まで何人のバースが再来したのか
「阪神新助っ人合意 ボーア バースの再来や」
2019年11月28日のデイリースポーツ一面の見出しだ。
「バースの再来」という言葉は阪神ファンでなくても感じてしまうハズレ助っ人感…。
そもそも、「バースの再来」使いすぎなのではないだろうか。
実際本当にバース並みに活躍した助っ人選手はいるのか。今回は今までに何人のバースが再来したのか調べてみた。

ランディ・バースとは

ランディ・バース氏は、1985年、阪神唯一の日本一(2019シーズン終了時点)に貢献した伝説的助っ人。1983年から1988年まで阪神タイガースに在籍した。日本一になった1985年に打率.350、本塁打54本、134打点で三冠王を獲得。実働6年で.337、本塁打202本という成績を残し、NPB史上最も活躍したと言っても過言ではない助っ人外国人選手だ。

そんなバース氏になぞらえて、退団から約30年が経った今でも阪神に新加入する助っ人外国人選手(主にバース氏と同じ左打の一塁手)に対して期待をこめて「バースの再来」という謳い文句が使われている。

初代「バースの再来」はルパート・ジョーンズ氏
初代「バースの再来」と言われた選手は本家バース氏の退団直後に後釜として1988年シーズン途中に加入したアメリカ人外野手のルパート・ジョーンズ氏。日本球界で初めて背番号00を着けた選手として知られるが、出場52試合、打率.254、本塁打8と振るわず、シーズン終了後に退団となった。

あわせて読みたい

Nicheee!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月16日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。