【乃木坂46】卒業シングルを振り返ってみる。

【乃木坂46】卒業シングルを振り返ってみる。

乃木坂46の25thシングル『しあわせの保護色』が3月25日発売された。
今作で、1期生の白石麻衣、井上小百合、2期生の佐々木琴子の卒業が大きな出来事として注目されてきた。
今作の表題曲『しあわせの保護色』は今まで発売された卒業シングルの「エモい」という雰囲気とは違い「優しさ」をイメージさせる1曲となっているように思える。

今回は乃木坂46の楽曲の中から、卒業に合わせてセンターを務めた「卒業シングル」について振り返っていこうと思う。

『ハルジオンが咲く頃』(センター:深川麻衣)
2016年3月発売の14枚目シングル『ハルジオンが咲く頃』は初めて卒業するメンバーがセンターに立った作品で、今は女優として活動している深川麻衣がセンターを務めた。優しく包み込んでくれる性格からメンバーに「聖母」と呼ばれていた彼女の人柄を絶妙に歌詞で表現されている楽曲である。
この曲を聴けば深川が乃木坂46にとってどんな存在だったのかが伝わってくる。

『サヨナラの意味』(センター:橋本奈々未)

2016年11月発売の16枚目シングル『サヨナラの意味』は絶頂期に芸能界を引退した橋本奈々未がセンターを務めた。
今では乃木坂46の代表曲の1つで、ファンの中ではTOP3には入る人気楽曲である。ライブで披露されると今でも橋本のサイリウムカラーであった緑一色に染まるのは圧巻の一言。
ライターが初めてこの曲を聴いたときに「名曲」になるなと予感させた1曲でもある。

あわせて読みたい

Nicheee!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月31日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。