京都・笠置「日本で2番目に人口が少ない町」を旅してみた(前編)
拡大する(全7枚)
日本に存在する市町村のうちの「町」は全国で743ある(2020年12月現在)

最も多いのは、広島県府中町で51000人あまり。一方、一番少ないのは人口ゼロの福島県の5町を除くと、山梨県の早川町で約960人。“日本一人口が少ない町”として地域発信もしている。



その次に少ない、日本で2番目に人口が少ない町が、京都府笠置町だ。京都府で最南端に位置し、人口は1250人。山と川、巨岩奇岩といった自然にあふれ、四季折々の光景が見られる。近年、キャンプでも人気が高い。

その笠置町を旅する機会があった。大阪からの日帰りトリップの様子を、前編と後編に分けて紹介する。

■関西都市圏からアクセス良好、コンビニは1軒のみ

笠置には、鉄道でアクセスできる。JR笠置駅まで、京都駅から約1時間30分、大阪駅から約1時間、奈良駅から約30分。車でも町に国道が通り、京都から1時間ほどで着く。関西の都心部からのアクセスはけっこう良い。大阪や奈良からの直通列車(大和路快速)が発着する隣り町にある加茂駅からは車で約15分、鉄道だと20分。


駅からの公共交通機関は皆無で、町内にはタクシー会社もない。ただ、笠置キャンプ場や木津川沿いを楽しむだけなら、駅から十分徒歩圏内だ。コンビニは町内で唯一「ローソン」があるものの、徒歩では厳しい。

■2000年もの歴史ある聖地・笠置山、紅葉と雲海の絶景

笠置、と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、後醍醐天皇という人も多いはず。南北朝時代、倒幕に失敗した天皇が笠置山にある笠置寺に南朝の都を置いた。だが、戦いに敗れて全山焼亡し、のちに寺は復興と荒廃を経て現在に至る。

この記事の画像

「京都・笠置「日本で2番目に人口が少ない町」を旅してみた(前編)」の画像1 「京都・笠置「日本で2番目に人口が少ない町」を旅してみた(前編)」の画像2 「京都・笠置「日本で2番目に人口が少ない町」を旅してみた(前編)」の画像3 「京都・笠置「日本で2番目に人口が少ない町」を旅してみた(前編)」の画像4
「京都・笠置「日本で2番目に人口が少ない町」を旅してみた(前編)」の画像5 「京都・笠置「日本で2番目に人口が少ない町」を旅してみた(前編)」の画像6 「京都・笠置「日本で2番目に人口が少ない町」を旅してみた(前編)」の画像7