京都・笠置「日本で2番目に人口が少ない町」を旅してみたら・・・(後編)
拡大する(全7枚)
人口1250人の町、京都府最南端の町、笠置町。人口減少著しいこの町を旅した後編。自然あふれるアウトドアスポットや鉄道ファンの聖地、町が抱える人口問題なども紹介する。

■アウトドアで人気、初心者から上級者まで楽しめる

笠置は自然が豊富なだけあり、アウトドアスポーツで人気が高い。町の真ん中を流れる木津川は水流が穏やかで、カヌーが楽しめる。スクールも開催されているので、初心者にもおすすめという(3月から11月開催、事前要予約)


また、木津川ではアユをはじめ、コイやフナ、ブラックバス、ウナギなどが釣れると、釣り人にも人気。巨岩や奇岩を利用したボルダリングは初心者から上級者まで通年で楽しめる。自信がなければ、巨岩群のそばにある「東海自然道」を散策するだけでも楽しい。

木津川にかかる「潜没橋」も見どころの1つ。柵がない橋は慣れていないと通るたびにいつも緊張するが、地元の人々は車でも平気で走って通って行くからすごい。


 
■鉄道にファンおなじみ、桜と列車のコラボ撮影

笠置町で最も田舎らしい場所、飛鳥路付近や東海自然道を歩いていてふと気づいたのが、JRの線路がとても近いこと。

関西本線の亀山~加茂で、電車の本数は日中、上下それぞれ1時間に1本。車両は1両(2両の場合もある)で、非電化区間かつ、電線などの人工物がとても少ない上、山と川という自然の中を走る光景は、ローカルな鉄道写真そのもの。


特に、桜が咲く時期は、線路沿いに咲く桜のトンネルを列車が通過する光景を撮影しようと、関西一円から鉄道ファンが集まるという。特に、駅の跨線橋から撮るのが人気スポットであるほか、駅から歩いて行ける木津川にかかる橋からも桜と列車が撮影できる。 ※鉄道撮影はくれぐれもマナー厳守で!

この記事の画像

「京都・笠置「日本で2番目に人口が少ない町」を旅してみたら・・・(後編)」の画像1 「京都・笠置「日本で2番目に人口が少ない町」を旅してみたら・・・(後編)」の画像2 「京都・笠置「日本で2番目に人口が少ない町」を旅してみたら・・・(後編)」の画像3 「京都・笠置「日本で2番目に人口が少ない町」を旅してみたら・・・(後編)」の画像4
「京都・笠置「日本で2番目に人口が少ない町」を旅してみたら・・・(後編)」の画像5 「京都・笠置「日本で2番目に人口が少ない町」を旅してみたら・・・(後編)」の画像6 「京都・笠置「日本で2番目に人口が少ない町」を旅してみたら・・・(後編)」の画像7