秋の夜長にじっくり観たい! 泣けるヒューマンドラマ映画3選!

秋の夜長にじっくり観たい! 泣けるヒューマンドラマ映画3選!
拡大する(全1枚)
秋の夜長にはまったり過ごしながら映画でもいかがでしょうか。
こんな時期こそ出掛けずに1人で、あるいは家族や恋人とじっくり映画を見るのがオススメ、そこで泣けるヒューマンドラマ映画を3つご紹介。

▼湯を沸かすほどの熱い愛
「自分はここまでたくさんの愛情を家族に捧げられるだろうか…。」そんな疑問を抱かずにはいられなくなるのが、この『湯を沸かすほどの熱い愛』という作品。余命宣告を受けた母親とその家族との絆を描いた本作だが、主演の宮沢りえ演じる母・双葉の強さと優しさに目を洗われる思いに。観るときにはハンカチやタオルを用意必須!物語の中盤で明かされる家族の大きな秘密を知ったとき、皆さんの頬にも温かな涙が流れるはず。予測できないラストシーンも衝撃的…。家族と恋人などと観ると尚更涙が止まらない、深い家族の絆に涙すること間違いなしである。

▼この世界の片隅に
『この世界の片隅に』は、観ているうちに自然と涙が出てしまうような作品。戦争を描いた映画は、どうしても暗くて哀しいものになりがちだが、本作は戦時中でもあたたかい日常があり、人と人との愛情があったのだということを今更ながら思い起こさせてくれる。当たり前の毎日が徐々に奪われていく戦争。死と隣り合わせの日常で、人々はそれでも笑い合って生きていこうとする。
水彩画のようなふんわりとしたタッチが特徴で、観賞後は戦争の残酷さや哀しさよりも、人々の強さのほうが印象に残る。戦争という重いテーマを優しいタッチで柔らかく描いている。人々の健気な温かさに自然と涙がこぼれる作品となっている。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

Nicheee!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク