NHKの朝の連続ドラマはなぜ「テレビ小説」なのか?

NHKの朝の連続ドラマはなぜ「テレビ小説」なのか?
拡大する(全1枚)
NHK「朝の連続テレビ小説」が始まったのは昭和36年。獅子文六原作の「娘と私」がこの第1号だが、なぜテレビドラマではなく「テレビ小説」なのか?NHKによると、その当時は朝からテレビを見る習慣が無かった。そこで主婦に朝の番組を見てもらうために、当時ラジオで放送していた朝の小説や、新聞の連載小説のような連続した話をテレビ番組でやってみてはどうか?ということになり、朝の連続テレビ小説が始まったという。第1作目は20分間の放送だったが、2作目以降から毎日15分間の放送スタイルが定着した。ちなみに、これまでの視聴率のトップは第31作目の「おしん」。平均視聴率は52.6%、最高視聴率は62.9%で、現在も打ち破られないテレビドラマの最高視聴率記録。今でも毎年のように世界のどこかの国で放送されており、日本を代表する伝説の作品となっている。

(Written by 山本)
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Nicheee!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「ラジオ」に関する記事

「ラジオ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ラジオ」の記事

次に読みたい「ラジオ」の記事をもっと見る

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク