大阪・河内長野の「スターバックス」は地元の木材を生かした店舗

大阪・河内長野の「スターバックス」は地元の木材を生かした店舗
拡大する(全10枚)
大阪にまた魅力的なスターバックスの店舗が、2021年9月17日にオープンした。場所は、大阪府南部の河内長野市。先日、その店舗に足を運んだ。


『スターバックス コーヒー 河内長野高向店』は、大阪外環状線と言われる国道170号線沿いにある。下り車線に面して店舗があり、上り車線からは直接店舗の敷地に入ることはできない。郊外の店舗によく見られる、ドライブスルー併設店だ。


店舗の外観上部の「木」が、パッと目を引く。入口のスターバックス、そのロゴの背景に木材が使われているのは、他の店舗と比べても珍しい。


実はこの店舗、木材にこだわったコンセプトなのだ。

スターバックスで、大阪産の木材を使った店舗というと、2019年11月にオープンした『スターバックス コーヒー LINKS UMEDA2階店』があり、このオープン時に筆者が取材した際、「大阪・梅田に、スターバックスの森」として、店内におおさか河内材や大阪産のクリの木など木材をふんだんに使ったインテリアが印象的だった。


この河内長野の店舗がオープンすると聞いた時、ここも木材がコンセプトではとふと思った直感が当たった。河内長野市は市内面積の約7割が森林という土地だ。


店内のテーブルや椅子も、木材が分かる家具。スターバックスのプレスリリースによると、店内の家具は大阪府森林組合 南河内支店、飛騨産業株式会社と共同開発し、テーブルや椅子にはおおさか河内材を使用して木が持つ温かみ、質感、手触り、香りなど木の温もりが感じられるという。

この記事の画像

「大阪・河内長野の「スターバックス」は地元の木材を生かした店舗」の画像1 「大阪・河内長野の「スターバックス」は地元の木材を生かした店舗」の画像2 「大阪・河内長野の「スターバックス」は地元の木材を生かした店舗」の画像3 「大阪・河内長野の「スターバックス」は地元の木材を生かした店舗」の画像4
「大阪・河内長野の「スターバックス」は地元の木材を生かした店舗」の画像5 「大阪・河内長野の「スターバックス」は地元の木材を生かした店舗」の画像6 「大阪・河内長野の「スターバックス」は地元の木材を生かした店舗」の画像7 「大阪・河内長野の「スターバックス」は地元の木材を生かした店舗」の画像8
「大阪・河内長野の「スターバックス」は地元の木材を生かした店舗」の画像9 「大阪・河内長野の「スターバックス」は地元の木材を生かした店舗」の画像10
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Nicheee!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク