本場・アメリカの「スターバックス」でわかった日本との違い【最新版】

本場・アメリカの「スターバックス」でわかった日本との違い【最新版】
拡大する(全5枚)
日本全国47都道府県にあるコーヒーチェーン「スターバックス」は、アメリカ・シアトルが発祥。昔も今も、スターバックスといえばアメリカというイメージが定着している。ただ、アメリカと日本で、同じスターバックスであっても、いざ利用してみると違う点が多々ある。


日本全国そしてシアトルをはじめ全米のスターバックスを利用してきた経験から、いったいどんなところが違うのか、ピックアップして紹介してみたい。

日本で感じる「洗練さ」「おしゃれな雰囲気」、アメリカは庶民の店
まず、日本のスターバックスを訪れると、店舗の「洗練さ」を痛感する。これは良い意味であり、明るい声を出して笑顔で挨拶してくれるパートナー(従業員)、こまめに掃除して清潔感漂う店舗、そして、1店舗ずつ外観や内装などが微妙に違うコンセプト。日本にある他のコーヒーチェーンとは一線を画す、「スタバでコーヒーを飲む」というとなんとなくおしゃれな雰囲気がある。

一方、アメリカは、その辺にどこにでもあるコーヒーが飲める庶民の店という感じだ。特に高級感などもない。店に長居しておしゃべりに夢中な客も少ない。

アメリカで連日飲みたい、日本未発売のコールドドリンクが美味しい
日本では「フラペチーノ(R)」が大人気。シーズンごとに旬の食材を使ったこのドリンクは、見た目にもこだわって売り切れ続出も珍しくない。アメリカでは、メニューにあることはあるものの、飲んでいる人はそれほど多くない。スターバックスラテなどをサッと買って持って帰る人が多い印象だ。

この記事の画像

「本場・アメリカの「スターバックス」でわかった日本との違い【最新版】」の画像1 「本場・アメリカの「スターバックス」でわかった日本との違い【最新版】」の画像2 「本場・アメリカの「スターバックス」でわかった日本との違い【最新版】」の画像3 「本場・アメリカの「スターバックス」でわかった日本との違い【最新版】」の画像4
「本場・アメリカの「スターバックス」でわかった日本との違い【最新版】」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Nicheee!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「コーヒー」に関する記事

「コーヒー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「コーヒー」の記事

次に読みたい「コーヒー」の記事をもっと見る

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク