【昭和レトロ】「昭和の服」は美術品⁉御令嬢が着用の“一点もの”を手に入れる方法…その上質感に衝撃!【着るSDGs】
拡大する(全5枚)
最近、「昭和レトロ」がブームですよね。グルメや雑貨、インテリア…と幅広いジャンルで注目を集めていて、当時を知らない平成生まれのZ世代にも「新鮮!」に映るとか。それはファッションにも通じているようで、いま「昭和ビンテージ洋品店 異次元店」というネットショップが話題になっているんです。昭和ビンテージの服は上質な一点ものも多く、丁寧な縫製と現代にも通用するデザインが秀逸! 詳しく紹介しますね♪

【画像を見る】「昭和の服」は美術品⁉御令嬢が着用の”一点もの”を手に入れる方法…その上質感に衝撃!

「昭和ビンテージ洋品店 スミックス」は、昭和20年代から40年代に当時の令嬢たちが着用した洋服を紹介するお店です。令嬢たちが着用していた昭和ビンテージの洋服は、当時の職人が技術を余すことなく込めた国産の高級仕立て服(オートクチュール)であります。和服から洋服への移り変わりの時代に、我こそはと技術者たちがこだわり抜いて作っていた時代のものを芸術作品として取り扱い、次の担い手に繋ぐ役目を担うという目的があるそうです。

当時の良家のお嬢様は

「銀座にお出かけに行くために、お仕立てしたもの」
「お嫁に行くときにお母さんに仕立ててもらったもの」

などの理由で仕立ててもらうのが当たり前だったみたいで、思い出がたくさん詰まっているのです。なので、大切に保管されてきたので保存状態も良いのです。

そんな昭和のオートクチュール品を扱う「昭和ビンテージ洋品店 スミックス」が、バーチャルショップ「昭和ビンテージ洋品店 異次元店」をオープンさせたんです。何が異次元なのか見ていきましょう!

この記事の画像

「【昭和レトロ】「昭和の服」は美術品⁉御令嬢が着用の“一点もの”を手に入れる方法…その上質感に衝撃!【着るSDGs】」の画像1 「【昭和レトロ】「昭和の服」は美術品⁉御令嬢が着用の“一点もの”を手に入れる方法…その上質感に衝撃!【着るSDGs】」の画像2 「【昭和レトロ】「昭和の服」は美術品⁉御令嬢が着用の“一点もの”を手に入れる方法…その上質感に衝撃!【着るSDGs】」の画像3 「【昭和レトロ】「昭和の服」は美術品⁉御令嬢が着用の“一点もの”を手に入れる方法…その上質感に衝撃!【着るSDGs】」の画像4
「【昭和レトロ】「昭和の服」は美術品⁉御令嬢が着用の“一点もの”を手に入れる方法…その上質感に衝撃!【着るSDGs】」の画像5