日産のe-POWER・EVは、滑る路面に強い! 氷上で分かる「ワンペダル」の利点

さて、少々前置きが長くなってしまったが、以上のようなことを前提として、日産の2台のEVモデルについて感想を述べたい。
1台目は、エンジンを発電機にして走るノート e-POWER。用意されたコースは雪混じりであったため、アイスバーンのある一般道に近いような条件だ。
「e-POWER」は、レンジエクステンダー方式のEV。エンジンは、モーターの充電に必要な電気を供給し、走行自体はそのモーターで行う。
加えて特徴的なのが、「ワンペダル」というアクセルペダルのみで完結する操作方式だ。これの採用で運転操作はかなり簡略化された。販売の好調ぶりから察するに、この簡略化は、市場に受け入れられたといえるだろう。
氷上ではいかがなものだろうか。
滑りやすい路面で踏むブレーキほど、危ないものはない。今の車には「ABS」が搭載されているが、車の価格によって制御の細かさに差が出ていることは確かであり、事実、高価なモデルの方が優れている。
そういった差を実感していたからこそ、ノート e-POWERの制御には驚いた。
ツルツルの路面でとても細かな制御をかけ、グリップを作ろうと模索してくれるのだ。結果、とても上手に走る。


日産のe-POWER・EVは、滑る路面に強い! 氷上で分かる「ワンペダル」の利点

速度を上げコーナーに入ってみる。アクセルを緩めると、ぐーっと制動力が生まれ、ビックリするほど安全に曲がることができた。車が路面としっかり対話している証拠だろう。
我々のような専門家は、氷上・雪上での走行にある程度慣れているため、曲がる際には必要以上にステアリングを切って車を滑らせ、サイドブレーキを使いながらアクセルをコントロールし、いわば“強制的”にターンインさせることもある。
しかし、ワンペダルを使えば、そのような小技も必要ない。アクセルワークさえ丁寧にしていれば、容易に曲がってくれるのである。制動力が素晴らしい。自らブレーキでコントロールするよりも安心である。


あわせて読みたい

日刊カーセンサーの記事をもっと見る 2018年2月22日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。