今見るとかえって魅力的に見える!? 1代限りで途絶えたメルセデス・ベンツの激レアモデル4選

今見るとかえって魅力的に見える!? 1代限りで途絶えたメルセデス・ベンツの激レアモデル4選

1代限りで終了するのは珍しい!? レア度も高いモデル

1886年に世界で初めてガソリン自動車を作った、メルセデス・ベンツ
130年以上という世界で最も長いその歴史の中で、1代限りで消えた車というのは数が少ない。
例えば、ミディアムクラスと呼ばれていたモデルはEクラスに、190シリーズはCクラスに……といった具合で、たいていは同じコンセプトで名前を変えてタスキをつないでいる。
とはいえ、2000年代に入ってライバルたちとの競争が激しくなり、次世代にスムーズにバトンを渡せなかったモデルもいくつか見受けられるようになった。
今回は2000年代以降に登場した、メルセデス・ベンツとしては珍しい1代限りで役目を終えた車たちを紹介しようと思う。
1代限りで終了したとはいえ、その車が登場したからこそ、今の現役世代が存在する。つまり現役の礎になったモデルたちだ。
登場した時はなかなか賛同を得られなかったが、今あらためて見ると現役世代に通じる魅力がある。
しかも作ったのは「最善か無か」を社是としているメルセデス・ベンツだ。手頃な価格の中古車になった今、あらためてその魅力を再確認してみよう。

今や貴重なFRのコンパクトクーペメルセデス・ベンツ Cクラススポーツクーペ(初代・2001年6月~2007年5月)

今見るとかえって魅力的に見える!? 1代限りで途絶えたメルセデス・ベンツの激レアモデル4選

今見るとかえって魅力的に見える!? 1代限りで途絶えたメルセデス・ベンツの激レアモデル4選

2代目Cクラスのボディバリエーションに、新たに加えられたのがCクラススポーツクーペだ。
Cクラスベースといってもボディパネルはセダンと完全に別物で、同じパーツはほとんど使われていない。
エンジンは2L+スーパーチャージャーで5速ATと組み合わされた。
その成り立ちやスタイルは、ほぼ同時期に登場したBMW 3シリーズコンパクトにそっくりだ。
当時CクラスをベースにしたクーペにはCLKもあったが、CLKはCクラス(全長4540mm)より大きなサイズ(同4640mm)で2.6Lや3.2Lのエンジンを積むラグジュアリー志向。
一方でスポーツクーペはCクラスより約200mm(CLKより約300mm)短いなど、コンパクトなメルセデス・ベンツというポジションだ。
またグレードのひとつ「スポーツライン」は、専用スポーツサスペンションを装着。エンジンの絶対的パワーはないものの、小気味よいスポーティな走りを楽しめる。
こうして振り返ると、現行型のAクラスよりコンパクトでFR、しかもスポーティなコンパクトクーペとなれば貴重な存在ではないだろうか。
残念ながら2007年に、3代目Cクラスが登場するのに合わせて1代限りで消滅した。
ちなみにCLKは2009年まで販売された。もちろんCクラススポーツクーペやCLKで培われたノウハウは、現行のCクラスクーペやEクラスクーペにも生かされている。
デビュー時の車両本体価格は、410万~450万円。
原稿執筆時点(2020年3月10日)で6台しか見つからなかったが、いずれも支払総額で70万円以下と手頃な価格になっている。


あわせて読みたい

日刊カーセンサーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュース

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ポルシェ」のニュース

次に読みたい関連記事「ポルシェ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「BMW」のニュース

次に読みたい関連記事「BMW」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月17日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。