【2020年上期版】届出済未使用車カタログ|中古車なのに新品同様!? 今オススメしたいスーパーハイト軽はコレ!

【2020年上期版】届出済未使用車カタログ|中古車なのに新品同様!?  今オススメしたいスーパーハイト軽はコレ!

新車と違い、すぐ乗れる! 新車の香りもする「届出済未使用車」

新車が欲しいけれど、新型コロナの影響で部品や完成品の製造がストップし、納車が遅れるというケースが増えている。やむなく中古車を検討する人もいるだろうが・・・諦めるのはまだ早い!
なぜなら中古車マーケットには、新車とほぼ同じ「届出済未使用車」、いわゆる新古車があるのだから。
実は、展示車両にするためなど様々な理由から、新車状態の車を販売店の名義で陸運局に登録のみをすることがある。しかし車は一度でも登録してしまうと、たとえ未使用であっても法律上は「中古車」扱いとなるのだ。こうした走行距離100km以下の中古車を「届出済未使用車」という。(普通車の場合は「登録済未使用車」となるが、いずれも一般的には「新古車」や「未使用車」と呼ばれる)
中古車といっても走行距離がわずか100km以下、というか1ケタkm以下なんていうのもザラにある。シートに新車時のビニールが被っている車も多い。いわゆる「新車の香り」もする。
しかも店頭などに「現車」としてあるので、あとは登録作業(購入者への名義変更等)をすれば、すぐに愛車にできる、中身は新車とほとんど変わらない中古車なのだ。
そんな「届出済未使用車」の中から、今回は両側スライドドアを備えた人気のハイト系軽自動車を紹介しよう。
ちなみに、「届出済未使用車」はすでに工場から“出荷済み”のため、購入する際にボディカラーの指定やサンルーフなどのオプション設定はできない。

だからこそ掲載台数は大事。これから紹介する4モデルは執筆時点でカーセンサーの掲載台数も豊富なので、そうした選択の幅も広がりやすいはずだ。


あわせて読みたい

日刊カーセンサーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月28日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。