総額150万円以下から狙える! 衝突被害軽減ブレーキが付いた、メルセデス・ベンツの熟成モデル

総額150万円以下から狙える! 衝突被害軽減ブレーキが付いた、メルセデス・ベンツの熟成モデル

メルセデス・ベンツは同じモデルでも常に安全機能を進化させる

他社に先駆けて、今から約80年も前の1939年に衝突安全の研究部門を立ち上げたメルセデス・ベンツ。以来、安全性の追求を積極的に行ってきた自動車メーカーのひとつだ。
2009年にボルボ XC60(旧型)が衝突被害軽減ブレーキを日本で最初に搭載すると、それに続くように2011年11月に同社として初めて自動停止を含む衝突被害軽減ブレーキをEクラス(4代目)に搭載した。
他モデルのフルモデルチェンジなどを待つことなく、2009年にデビューしたばかりのEクラスへ載せている。
その他のモデルも同様で、「良いものが出来たらいち早く載せる」という思想のもと、モデルライフ半ばでもどんどん最新の安全技術を取り入れる同社。今でも、その進化の歩みを止めることはないようだ。
今回は自動停止を含む衝突被害軽減ブレーキを搭載するメルセデス・ベンツ車の中から、支払総額150万円以下で5台以上見つけることができるオススメモデルを紹介しよう。
なお、衝突被害軽減ブレーキ機能は日進月歩の技術であるため、一部改良などで新機能を追加することが多い。それらの差を見極めながら、購入を検討してほしい。
また、衝突被害軽減ブレーキが備わっているからといって過信は禁物、というのは言うまでもない。

自動停止ブレーキが備わるのは2015年11月からメルセデス・ベンツ Aクラス(3代目)

総額150万円以下から狙える! 衝突被害軽減ブレーキが付いた、メルセデス・ベンツの熟成モデル

総額150万円以下から狙える! 衝突被害軽減ブレーキが付いた、メルセデス・ベンツの熟成モデル

同社のエントリーモデルであり、フォルクスワーゲン ゴルフのライバルとなるAクラスの3代目が登場したのは2013年。
デビュー当初から、レーダー型衝突警告システム「CPA」を全車に標準装備していた。
しかし、これは約30km/h以上で走行中に衝突の危険を検知すると警告音がなり、ドライバーのブレーキ操作では十分な制動力が得られない場合は、ブレーキアシスト機能で事故回避に必要な制動力を自動的に補うというもの。
つまり、ドライバーがブレーキを踏まない限り、車は止まらないというものだった。
ドライバーの意志を最優先し、それに最大限従うのが車という考え方からすれば、これはこれでアリだと思う。
しかし、それ以上に安全性を優先した結果、2015年11月のマイナーチェンジで自動停止ブレーキを含む「CPAプラス」を全車に標準装備した。
さらに、渋滞時の追従機能を備えたアダプティブクルーズコントロール(ACC。同社ではディストロニック・プラスと呼ぶ)などを含む先進安全機能が、「レーダーセーフティパッケージ」としてオプションで設定されている。
その他、自動駐車機能もオプションで選べるようになった。
デビュー時は1.6Lターボ×7速ATのA180系と、2Lターボ×7速ATのA250シュポルトがラインナップ。
「シュポルト」は開発時点からAMG社が関与したモデルに与えられる名称だ。2015年の一部改良前に、A250シュポルトは4WDのシュポルト4マティックとなった。
2015年11月の自動停止ブレーキ機能を含む「CPAプラス」を搭載したモデルの新車時車両本体価格は、296万~529万円。
原稿執筆時点(2020年5月21日)で、支払総額150万円以下の物件は6台見つかり、後継型となる4代目もデビューしていることから、今後流通台数は増えていくだろう。


あわせて読みたい

日刊カーセンサーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「BMW」のニュース

次に読みたい関連記事「BMW」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュース

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ポルシェ」のニュース

次に読みたい関連記事「ポルシェ」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月25日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。