総額150万円以下から狙える! 衝突被害軽減ブレーキが付いた、BMWの駆けぬける歓びを味わえるモデル

       

総額150万円以下から狙える! 衝突被害軽減ブレーキが付いた、BMWの駆けぬける歓びを味わえるモデル

2012年の7シリーズ以降、衝突被害軽減ブレーキ採用車を一気に拡大

2009年のボルボ XC60(旧型)を皮切りに、国内外のメーカー各社が続々と投入してきた自動停止を含む衝突被害軽減ブレーキ搭載車。
BMWも2012年の7シリーズに続き、翌年の2013年には6シリーズ、3シリーズ、5シリーズ……と一気に採用車種を増やしていった。
同社は、そのわずか7年後となる2019年4月に、国内モデルとしては初となる「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能」を搭載した3シリーズと8シリーズ、X5を夏以降に順次日本へ導入すると発表した。
日産のハンズオフ機能を備える、プロパイロット2.0がスカイラインに搭載されることが発表された、約1ヵ月前のことだ。
BMWと日産のハンズオフ機能にはいくつか違いがあるのだが、いずれにせよ、もはや衝突被害軽減ブレーキは自動運転技術の一機能にすぎない。先進安全機能はあっという間に進化しているのだ。
2019年3月末の平均車齢(初度登録からの経過年の平均)は、8.65年という。
仮に今年、衝突被害軽減ブレーキのない車を買った人が、次にはもう手放し運転のできる車に乗り替える可能性が十分にあるというわけだ。
まあ、手放しまで一足飛びにいかなくても、支払総額150万円以下というお手頃な価格で衝突被害軽減ブレーキの備わったBMWのモデルがたくさんあるのだから、まずはそこから「安全」や「快適」を手に入れてみてはいかがだろう。
今回は中でも、「支払総額150万円以下で10台以上見つかるモデル」に絞って紹介しよう。
なお衝突被害軽減ブレーキが備わっているからといって過信は禁物、というのは言うまでもない。


あわせて読みたい

日刊カーセンサーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュース

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ポルシェ」のニュース

次に読みたい関連記事「ポルシェ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月8日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。