【レビュー】アルコール度数6%のストロング!?『-196℃ ストロングゼロ 〈瞬感シークヮーサー〉』をガチレビュー

こんにちは。RTD研究家のストロングおじさん(@strong_ojisan)です。

本日は、2019年6月25日(火)に発売された『-196℃ ストロングゼロ 〈瞬感シークヮーサー〉』を飲んで、ガチレビューしていきます。

『-196℃ ストロングゼロ 瞬感シリーズ』とは?

【レビュー】アルコール度数6%のストロング!?『-196℃ ストロングゼロ 〈瞬感シークヮーサー〉』をガチレビュー

『-196℃ ストロングゼロ 瞬感シリーズ』は、2019年4月に新発売された缶チューハイ。第一弾として、レモンとライムの2種がラインアップし販売されています。

こちら、アルコール度数9%の”ガツンとした飲み応え”で人気の、ストロングゼロの新シリーズ!本家ストロングゼロ同様、「-196℃製法」により瞬間凍結させた果実の浸漬酒を使用しています。

では何が違うのかというと、本家よりも「果実浸漬酒を1.2倍使用」「炭酸のガス圧を強めに設計」といった工夫を施している点。これにより、口に含んだ瞬間から広がる、果実の香味と爽快な炭酸の刺激を表現しているのだそう。

そして、もう1つ注目すべき点は「ストロングゼロなのにアルコール度数が6%」ということです。発売前には「それってストロングゼロなの?」という指摘の声もありましたね!(笑)

しかし「-196℃製法」により表現されるストロングな果実感、そしてプリン体ゼロ・糖類ゼロのすっきりした味わいは、度数こそ変われど紛れもなくストロングゼロだと、私は思っております!

ということで、今回は第二弾として発売される夏季限定の新作『瞬感シークヮーサー』についてレビューします。その前に、恒例のインタビューにいってみましょう!


あわせて読みたい

nomoooの記事をもっと見る 2019年6月25日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。