超絶リムジンも! 伝統を最新の技術で紡ぐ、老舗インポーターだからこその技。|ヤナセクラシックカーセンター Vol.1

超絶リムジンも! 伝統を最新の技術で紡ぐ、老舗インポーターだからこその技。|ヤナセクラシックカーセンター Vol.1
●ヤナセクラシックカーセンター

100年を超える歴史。日本に輸入された多くのモデルに対応! 

ヤナセ創業100年余りの歴史は、そのまま日本での輸入車販売の歴史と言っても過言ではない。次に紹介する写真は故・梁瀬次郎名誉会長の愛車だったメルセデス・ベンツ600で、そこにヤナセイズムを受け継いだ者たちが集合してくれた。

 彼らこそ、ヤナセが取り組んで来た伝統的な輸入車のアフターケアの在り方を現代で担う「ヤナセクラシックカーセンター(ヤナセオートシステムズ)」のスタッフたちだ。

超絶リムジンも! 伝統を最新の技術で紡ぐ、老舗インポーターだからこその技。|ヤナセクラシックカーセンター Vol.1

伝統的な輸入車のアフターケアの在り方を現代で担う「ヤナセクラシックカーセンター(ヤナセオートシステムズ)」のスタッフたち
 
関連記事:600プルマンもフルレストアに! 「ヤナセブランド」を背負った補修とレストア|ヤナセクラシックカーセンター Vol.2

 これまでヤナセはインポーターとして、メルセデス・ベンツ、フォルクスワーゲンアウディ、GM、オペルなどを手掛けてきた。また販売面ではBMWポルシェなども扱っており、ドイツ車といえばヤナセというのが、40歳代以上の世代なら常識と言える。

 そんなヤナセが2018年に始めたクラシックモデルの補修やレストアを手掛ける事業がヤナセクラシックカーセンターだ。横浜の広大な面積を誇る敷地は、元々はウエスタン自動車(メルセデス・ベンツの輸入元であったヤナセの子会社)が新車整備をしていたところで、その当時から輸入車にかかわり、今でも現役というマイスタークラスのメカニックやフロントマンが在籍する。話の分かるスタッフが、輸入車のアフターケアを実現する会社なのだ。

あわせて読みたい

Nosweb.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ポルシェ」のニュース

次に読みたい関連記事「ポルシェ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「BMW」のニュース

次に読みたい関連記事「BMW」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月16日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。