600プルマンもフルレストアに! 「ヤナセブランド」を背負った補修とレストア|ヤナセクラシックカーセンター Vol.2

600プルマンもフルレストアに! 「ヤナセブランド」を背負った補修とレストア|ヤナセクラシックカーセンター Vol.2
●ヤナセクラシックカーセンター

歴史を受け継ぎ若き従業員も作業に従事。ヤナセの歴史は続いていく。 

ヤナセは、クラシックモデルの補修やレストアを手掛ける事業ヤナセクラシックカーセンターを、2018年に開設。

 すでに多くのユーザーから問い合わせが届いているというが、それはこれまでヤナセが積み上げてきた「ヤナセブランド」の安心感からに違いない。まさに多くの人に信頼されている証といえる。

 しかし、現状は工場キャパに対して当初の想定以上に多数のレストア依頼があり、新規のお客さまのご依頼をお待ちいただている状況だと言う。

600プルマンもフルレストアに! 「ヤナセブランド」を背負った補修とレストア|ヤナセクラシックカーセンター Vol.2

ヤナセが輸入したW100メルセデス・ベンツ600プルマンの9台のうちの1台で、オーナーは佐賀県在住の吉原和秀さん。一度手放したが、再度手に入れてヤナセにフルレストアを依頼した。

 ファクトリー内では、若き従業員も作業に当たっている。彼らこそ、ヤナセが蓄積してきたノウハウを受け継いでいく重要な人材だ。実際、マニュアルや整備解説書では分からない、ヤナセならではのノウハウも多いと言う。

 それらは先輩たちが作り上げた膨大な整備メモに残されており、クラシックカーを扱ううえで貴重な資料となっている。まさにヤナセが積み上げてきた歴史が信頼につながる一例だ。

 もちろんクラシックパーツの入手についても、メルセデス・ベンツやフォルクスワーゲンアウディなど各インポーターとの太いパイプを通じパーツを確保している。さらにドイツやアメリカのパーツサプライヤーとの親密な関係やヤナセのネットワークを通じて、ヤングタイマーのモデルならばしっかり対応できる体制を整えていると言う。

あわせて読みたい

Nosweb.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ポルシェ」のニュース

次に読みたい関連記事「ポルシェ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「BMW」のニュース

次に読みたい関連記事「BMW」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月17日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。