「今度はすごい外車にしたのね」と近所で言われる1台|1971年式 日産 セドリック 2000 ハードトップ GX Vol.3

「今度はすごい外車にしたのね」と近所で言われる1台|1971年式 日産 セドリック 2000 ハードトップ GX Vol.3
       
「若い頃から憧れていたんですが、当時は高くて買えなかったんです。探し始めたら全然なくて。あっても前期型じゃないので、けっこう探しました」

そう語るのは今回取材した230セドリック2ドアハードトップのオーナー永井喜之さん。
前期型にこだわった理由は、流れる赤テールだ。日産では、「ハミングランプ」という呼び名になっているが、ウインカーの点滅が、外側に向かって3段階に点滅するというもの。

購入時はフルノーマルだったらしいが、2年間でいくつか自分なりのモディファイを加えているところも永井さんらしいポイント。外観上で目に付くのは、足元のエンケイ・ディッシュのアルミホイールに、文字を白くペイントしたタイヤ。そして、リアのトランクフードには、1970~73年のマスタング純正リアスポイラーを装着。リアからは、とてもセドリックとは思えないスタイルとなっている。そのため、近所では、「今度はすごい外車にしたのね」といわれ、渋谷のタワーパーキングでは、「外車は入れません」といわれるなど、間違われることが多いそうだ。

 また、自慢の流れる赤テールも不安のタネ。というのも、現在のウインカーはオレンジの点滅なので、運転中は後続車がちゃんと気付いてくれるか、追突してこないか心配しているらしい。

「過保護にしまい込むんじゃなく、大事にしてますが、ガンガン乗るタイプで、雨の日にでも乗っちゃいます」と、憧れの230セドを満喫している。

あわせて読みたい

Nosweb.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュース

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スバル」のニュース

次に読みたい関連記事「スバル」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「テスラ」のニュース

次に読みたい関連記事「テスラ」のニュースをもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月24日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。