「コロナとカローラの間にもう1車種加える」スペシャリティーカーを意識したデザイン|1975年式 トヨタ セリカ1600 GTV Vol.1

「コロナとカローラの間にもう1車種加える」スペシャリティーカーを意識したデザイン|1975年式 トヨタ セリカ1600 GTV Vol.1
拡大する(全1枚)
【1975年式 トヨタ セリカ1600 GTV Vol.1】

 TA22セリカが発売となったのは1970年12月。1966年に発売されたカローラが作り上げた大衆車市場が拡大し、本格的なモータリゼーションの波が日本に広がっていた時期だった。E10カローラ開発時の主査で、セリカ開発時にはトヨタの全乗用車を統括する製品企画室副室長になっていた長谷川龍雄さんは、セリカ誕生の経緯として「コロナとカローラの間にもう1車種加えることで大衆車市場をさらに拡大できると考えた」とノスタルジックヒーローの1997年4月号のインタビューで答えており、その開発がラインナップの拡充にあったことは明らかだ。

 しかし、同じようなファミリーカーを揃えるだけでは販売につながらない。そこで長谷川さんは、セリカを当時北米で人気を博していたフォードマスタングのようなスペシャリティーカーとして開発をスタートさせた。その開発の中心に据えたのがデザイン。北米で流行していたコークボトルラインを採用し、それまでの慣習であった別体型バンパーをボディと一体化し、現代にも通用するようなデザインを完成させた。

Vol.2、Vol.3に続く

1975年式 トヨタセリカ1600 GTV(TA22-MQXR)主要諸元
●全長4165mm
●全幅1600mm
●全高1300mm
●ホイールベース2425mm
●トレッド前/後1300/1305mm
●最低地上高165mm
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Nosweb.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「トヨタ」に関する記事

「トヨタ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「トヨタ」の記事

次に読みたい「トヨタ」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク