4カ月間毎日パーツを磨きました! 震災がきっかけで引き取った初代セリカをレストア|1975年式 トヨタ セリカ1600 GTV Vol.3

4カ月間毎日パーツを磨きました! 震災がきっかけで引き取った初代セリカをレストア|1975年式 トヨタ セリカ1600 GTV Vol.3
       
【1975年式 トヨタ セリカ1600 GTV Vol.3】

TA22セリカのクーペモデルは、ダルマのヒゲように見える丸いバンパー形状から俗にダルマセリカと呼ばれる。しかし、1971年に開催された第18回東京モーターショーで評判の高かったコンセプトカー「SV-1」が1973年にリフトバック(以後LB)として発売されるとともにクーペモデルもLBと同じバンパー形状に変更。張り出しの少ない角張った形状へと変化し、いわゆるダルマ顔ではなくなってしまった。

 大人気のLB登場によって、すっかり売り上げを落としたクーペは1975年の排ガス規制強化で、同年11月に2T-G型エンジンのレギュラーガソリンモデルが生産中止。その後さらに厳しくなった規制の影響もあり、1977年にTA40系へとフルモデルチェンジすることとなった。

 そんなセリカ1600GTVを新車で購入し、36年間所有し続けた前オーナーの村田正幸さん。しかし2011年に発生した松本震災によって村田さんのガレージも倒壊寸前に。保管場所の無くなったセリカの引き取り手を探していた。そこで名乗りを上げたのが、現在のオーナーである西澤優幸さん。まだ30代でありながら、すでに何台ものA22セリカを乗り継いできた旧車乗り。村田さんも西澤さんであればとセリカを譲り渡すことになった。

 西澤さんは、このセリカの息を吹き返してあげたいと考え、早速自分の手でレストア。ガレージ保管されていたとはいえ、塗装やエンジンなどは酷い状態だったため、西澤さんは「4カ月間毎日パーツを磨いていた」という。

当時の記事を読む

Nosweb.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「トヨタ」に関する記事

「トヨタ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「トヨタ」の記事

次に読みたい「トヨタ」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月21日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。