グロリアスーパー6の高級感をそのままに商用車化された高性能ステーションワゴン|1965年式 プリンス グロリア6 ワゴン Vol.1

グロリアスーパー6の高級感をそのままに商用車化された高性能ステーションワゴン|1965年式 プリンス グロリア6 ワゴン Vol.1
       
【1965年式 プリンス グロリア6ワゴン Vol.1】

 プリンス自動車(富士精密工業)のフラッグシップとして企画され、送り出されたのがグロリアである。初代モデルはスカイラインをベースに開発された。本当の意味で高級車と呼べる存在になるのは、1962年9月に発表された2代目のS40D‐1型グロリアからだ。伸びやかなフラットデッキスタイルを採用し、ボディサイズも小型車枠いっぱいまで延ばしている。

 プリンス自動車が威信をかけて開発した2代目グロリアは、新設計の直列6気筒SOHCエンジンを積んで華々しいデビューを飾る予定だった。が、開発の途中で1862ccのG2型直列4気筒エンジン搭載車を先行して発売するように計画を変更している。

 S40系グロリアは、竣工したばかりの村山工場のラインを使って生産が行われた。発売から9カ月後の63年6月、プリンス自動車初の6気筒エンジンを積んだ高級車がベールを脱いだ。1988ccのG7型直列6気筒SOHCエンジンを搭載したグロリアスーパー6(S41D‐1型)である。

 ボア、ストロークともに85.0mmのG7型直列6気筒は日本初のSOHC方式で、最高出力105ps/5200rpm、最大トルク16.0kg‐m/3600rpmを発生した。最高速度は155km/hだ。高性能であるだけでなく静粛性も群を抜いて高いから、カタログには「ささやくエンジン」のキャッチコピーを使っている。

当時の記事を読む

Nosweb.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月26日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。