自然吸気で200psの大台に! 4バルブDOHC化された後期型3L V6|1989年式 マツダ ルーチェ 4ドアハードトップ 3000 V6DOHC リミテッド Vol.3

自然吸気で200psの大台に! 4バルブDOHC化された後期型3L V6|1989年式 マツダ ルーチェ 4ドアハードトップ 3000 V6DOHC リミテッド Vol.3
拡大する(全2枚)
【1989年式 マツダ ルーチェ 4ドアハードトップ 3000 V6DOHC リミテッド Vol.3】

 そしてエンジン。2L直4SOHCに加えて、マツダらしく13B型ロータリーターボも搭載。さらに、マツダ初となるJ型V6エンジンを新開発。2L SOHCと同ターボがまず投入され、遅れて3L SOHCを設定した。

 200psの大台に乗ったのが、4バルブDOHC化された後期型3L V6だ。吸排気量を大幅に増加して最適な燃焼を促す4バルブ化と、高回転・高出力を得られるツインカム化により、大幅にパワーアップ。また、吸気管内の空気の動きを利用して過給する共鳴吸気方式や、吸排気効率を高めるハイバルブリフト化の採用も効果を発揮。これらにより、前期型の160ps/24.0kg‐mから、40ps/2.5kg‐mもの出力&トルクアップを果たしている。

 加えて、摩擦抵抗を低減するニードルベアリング付きスイングアームや、エンジン全体の動きを細かくコントロールする総合電子制御システムも採用。パワーアップだけでなく、燃費性能の向上やV6らしい滑らかな加速など、エンジン全体の性能が上がっている。

 ライバルたちがターボ搭載でパワーアップを果たしているのに対して、マツダはNAで200psを達成。走行性能を追求したルーチェらしい独自性は今も光り輝いている。

DOHC化により200psの大台に乗った3L V6エンジンなど【写真4枚】

この記事の画像

「自然吸気で200psの大台に! 4バルブDOHC化された後期型3L V6|1989年式 マツダ ルーチェ 4ドアハードトップ 3000 V6DOHC リミテッド Vol.3」の画像1 「自然吸気で200psの大台に! 4バルブDOHC化された後期型3L V6|1989年式 マツダ ルーチェ 4ドアハードトップ 3000 V6DOHC リミテッド Vol.3」の画像2

当時の記事を読む

Nosweb.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「マツダ」に関する記事

「マツダ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「マツダ」の記事

次に読みたい「マツダ」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月27日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。