セリカの魅力にどっぷりハマり、幻のレーシングエンジン「126E」を搭載|1975年式 トヨタ セリカ1600GTV  Vol.4

セリカの魅力にどっぷりハマり、幻のレーシングエンジン「126E」を搭載|1975年式 トヨタ セリカ1600GTV  Vol.4
拡大する(全1枚)
【1975年式 トヨタ セリカ1600GTV  Vol.4】

【3】から続く

 大切に乗っている1600GTVは、トヨタ・ツインカム・クラブ初代会長の紹介で、1993年4月に東京のオーナーから譲ってもらったそうだ。入手時のコンディションはフルノーマル。当時はまだ部品が供給されていたため、純正パーツでリフレッシュしたという。ところが、ノーマルでは飽き足りない性分が災いし、ここからがオーナーがいう「アリ地獄」が始まった。そして外装、内装ともに手を入れていくことに。

 さらに、ボンネットを開けると、126E専用のツインプラグ仕様のヘッドカバーが目に飛び込んでくる。126Eは2T-G型をベースに、レース用としてトヨタが威信をかけて開発したスペシャルヘッドのうちのひとつ。幻のエンジンともいえる。

 2T-G型ブロックにツインプラグ、ビッグポート、ビックバルブのヘッドが搭載された126E。サイズは2T-G型と同等だが、簡単にポン載せというわけにはいかず、盛り上がったワークス風のタコ足、ドライサンプ用のオイルタンクの設置、オイルラインの配管など、126Eを搭載するための作業が必要となったという。

OWNERS VOICE

大分県国東市で生まれ育ったオーナー。自宅横の駐車場には、部品取り用にと入手したTA22セリカが置かれているが、かなりボロボロの状態。当初は、走れるように仕上げる気もあったそうで、部品はひと通り揃っている。また、セリカを入れるガレージにも純正部品などをストックしている。縁があり126Eを手に入れることができたが、その際に世話になった方から久しぶりに連絡が。「151Eを買わないかっていうんです。なので、春には間に合わせたいと思って頑張ってます」とオーナー。アリ地獄は続きそうだ。

当時の記事を読む

Nosweb.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「トヨタ」に関する記事

「トヨタ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「トヨタ」の記事

次に読みたい「トヨタ」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク