こだわったのは「できるだけ高性能なパーツを投入する」こと|1971年式 マツダ カペラロータリクーペ GS  Vol.2

こだわったのは「できるだけ高性能なパーツを投入する」こと|1971年式 マツダ カペラロータリクーペ GS  Vol.2
拡大する(全1枚)
【1971年式 マツダ カペラロータリクーペ GS  Vol.2】

【1】から続く

 ヒストリックカーレースを楽しんでいるオーナーが、「表彰台を狙えるクルマを……」としてベース車探しをした結果、たどり着いたのがカペラロータリークーペだ。

「もともとファミリアロータリーやFC3Sに乗っていたこともあり、このクルマが浮上しました。あまり人が乗っていないという点も魅力でしたね」

 そして約9年前にオーナーの手元にやってきたカペラロータリー。コンディションが上々だったこともあり、2~3年はノーマルのまま街乗り用として使用していた。転機が訪れたのは12年のこと。マツダがロータリーエンジン搭載車の生産を中止するというニュースが発表された。それを聞いたオーナーは、「純正部品が製廃になる前にクルマを仕上げないと」と、背中を押される格好で、クルマを入手した当初の目的であるレース仕様の製作に着手することに。

 オーナーが一番こだわったのは「できるだけ高性能なパーツを投入する」ことだ。その核となるエンジンには、ペリフェラルポート仕様の13B型ユニットを選び、これにダウンドラフト式のウエーバー48IDA改φ51.5mmを装着。9000rpmオーバーの高回転域を許容し、しかもNAながら240~250psを発揮する強心臓を手に入れた。

パワーを重視して、ペリフェラルポート仕様を選択した13B型ロータリーエンジン。9000rpmまでストレスのない吹け上がりを見せるダウンドラフト仕様のキャブレターなど【写真34枚】

あわせて読みたい

Nosweb.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「マツダ」に関する記事

「マツダ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「マツダ」の記事

次に読みたい「マツダ」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク