たしかに13インチ。F1用6ポットモノブロックキャリパーを箱車のホイールに収める!|1971年式 マツダ カペラロータリクーペ GS  Vol.4

たしかに13インチ。F1用6ポットモノブロックキャリパーを箱車のホイールに収める!|1971年式 マツダ カペラロータリクーペ GS  Vol.4
拡大する(全1枚)
【1971年式 マツダ カペラロータリクーペ GS  Vol.4】

【3】から続く

 「表彰台を狙えるクルマを……」。ヒストリックカーレース仕様として製作されたカペラロータリークーペ。ペリフェラルポート仕様の13B型ユニットを心臓に、しっかりと組み上げられた1台だ。

 そのスタイルのポイントとなっているのが、ワークス風のオーバーフェンダー。そして絶妙なマッチングをみせるホイール。なんとこのホイールは、この1台のためだけにデザインされたフルオーダーメイド仕立て。

「ピッタリ合うホイールを探し求めて4~5セット試しましたが、サイズが13インチと小さいために、どうしてもブレーキキャリパーと干渉してしまう。そうした時に知ったのが、ワークのスペシャルオーダープログラムだったんです」。

 サイズやカラーはもちろん、デザインや素材までフルオーダーメイド可能なこのメニューでは、オーナーの要望に合わせてオンリーワンのホイールを製作してくれる。このカペラロータリーでは、鍛造ディスクの3ピース構造を採用。取り付け面に特殊な逃げ加工を施すことで、不可能かと思われたサイズ的な難題をみごとクリアにしてみせた。
唯一無二のホイールを実現するワークのスペシャルオーダープログラム~心響~「この世に1つだけのオリジナルホイールを作りたい」。そんな想いを実現してくれるのが、ワークが提案する「スペシャルオーダープログラム~心響~」。デザインや製法、そしてサイズやカラーまで自分だけのワンオフ仕上げが可能。そのため、まずはキャリパー装着状態での車両測定からはじまり、デザインや材料、構造の選定などを経て、オーナーの理想を具現化していく。

 このオーナーのカペラロータリークーペが装着しているホイールも、この「心響」で製作したスペシャル仕上げ。往年の名ホイール「エクイップ01」をモチーフにしてデザインされている。ブラックアルマイトのリムにブラック塗装の鍛造ディスクを組み合わせ、深みのある色合いと質感を実現。こだわりがあふれる逸品だ。

圧倒的な軽さを誇るトヨタのF1マシンに使用されていた本物の6ポットキャリパー。そのキャリパーとのクリアランスがほとんど無いホイールなど【写真34枚】

【1】【2】【3】から続く

あわせて読みたい

Nosweb.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「マツダ」に関する記事

「マツダ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「マツダ」の記事

次に読みたい「マツダ」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク