SCCA参戦の勇姿を現代に! 7M型ブロック換装の本格派マシン|1967年式 トヨタ 2000 GT Vol.3

SCCA参戦の勇姿を現代に! 7M型ブロック換装の本格派マシン|1967年式 トヨタ 2000 GT Vol.3
拡大する(全1枚)
前期233台、後期118台。合計351台しか生産されなかったトヨタ2000GT。最近は市場価格も高騰しており、モディファイなどを施すことなく、オリジナルのままをキープしようとするオーナーが圧倒的に多いのがトヨタ2000GTだ。だがそんな貴重なモデルをベースに、歴史的ストーリーの復活を目論むべく、大胆なまでに手を加えた驚愕の1台が出現した。「夢のクルマ」がアメリカで見た壮大な夢のかけらを、今、この日本で再現してくれることに感謝しつつ、その全貌を追ってみたい。

【1967年式 トヨタ 2000 GT Vol.3】

【2】から続く

 オーナーのAIさんに、白/赤レプリカに挑んだ経緯を語っていただいた。

「自分はもう1台白のトヨタ2000GTを持っていて、そっちは2オーナーカー、1度オールペイントンしただけのノンレストアの極上車です。その後、ちょっとしたご縁でもう1台購入することになったのですが、こちらは機関系にトラブルを抱えていました。そこで、どうせ修理することになるなら、SCCA仕様の33号車レプリカを作ってみようと思ったんです」

純正のφ40mmよりも大口径なソレックス44PHHを3連でセットされたエンジンなど【写真41枚】

 モディファイの手は印象的な外観だけにとどまらず、メカにまでおよんでおり、ヘッドやインマニは3M純正のままだが、ブロックにはM型エンジンの熟成モデル・7M型の3Lブロックを新たなパートナーとして採用。作られた時代こそ違えど、同じM型エンジンであることから、このへんの合体に関しては大きな問題はなかった模様だ。キャブもオリジナルのソレックス40PHHから44PHHへと大口径化され、戦闘力の向上は明らかに。同時に駆動系は動きのいい後期型5速ミッション、OS技研のクラッチ、スーパーロックLSDを導入。オイルクーラーの交換、他車用ブレーキの移植なども行い、パワーアップに対応した。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Nosweb.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「トヨタ」に関する記事

「トヨタ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「トヨタ」の記事

次に読みたい「トヨタ」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク