安易にGT‐Rのコピーを作らない。独自の美学によるハコスカ|1970年式 スカイラインHT 2000 GT Vol.1

安易にGT‐Rのコピーを作らない。独自の美学によるハコスカ|1970年式 スカイラインHT 2000 GT Vol.1
拡大する(全1枚)
【1970年式 スカイラインHT 2000 GT Vol.1】

 エンジンこそS20型やL型、RB型など、さまざまなバリエーションを受け入れるものの、外観に関していえばGT-R仕様こそ正統派とされるハコスカに一石を投じた1台のハードトップ。オーバーフェンダーもなければ、赤バッジもない。グリルも違えば、モールも違う。だが、そこに表れたのは違和感ではなく、完全なるサーフィンラインを持つC10ハードトップの無垢なる姿。L型インジェクションの心臓とともに、ハコスカの定説を今、根底から覆す!  

 一番速いグレード、一番豪華なグレード以外は、存在する価値がないのか? そんな素朴な疑問がわいてくる一台に出合った。

 ベース車は「ハコスカ」ことC10系のスカイラインハードトップ。車名だけを聞けば、だれもがその存在意義を認める名車だが、Rの冠もXの称号も付かないベースグレードの2000GTとなれば、興味をそそられない人もいるに違いない。ところが、オーナーは、逆に安易なGT‐R仕様の増加に警鐘を鳴らす。

「免許を取って最初に買ったのはジャパンでしたが、ホントはハコスカが欲しかったんです。今乗っているハコスカは、25年前に近所の駐車場に停めてあったモノを譲ってもらったんですが、それからずっと乗り続けてますよ。多くの2000GTは、オーバーフェンダーを付けたGT‐R仕様に生まれ変わっていますが、2000GTの正しい姿は、サーフィンラインを生かしたこのカタチだと思うのです。だから、わざわざニセモノのGT‐Rを作ろうとは思いません。このカタチで速かったら、それこそ本物の『羊の皮をかぶった狼』になると思いませんか?」
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Nosweb.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク