当時、世界一低い全高を持っていた「量産4ドア車」|1987年式 トヨタ カリーナED Gリミテッド Vol.1

当時、世界一低い全高を持っていた「量産4ドア車」|1987年式 トヨタ カリーナED Gリミテッド Vol.1
拡大する(全1枚)
【1987年式 トヨタ カリーナED Gリミテッド Vol.1】

 運動性能や室内の広さなど、クルマを選ぶ基準はいくつもある。しかし、もっとも大きな要素となるのがスタイリング、そう「見た目」ではないだろうか。80年代には、4ドアボディながらセンターピラーを省き、美しいフォルムと開放感のあるキャビンを実現した「ピラーレス4ドアハードトップ」が大流行。トヨタが1985年に発表したカリーナED(以下ED)も、スタイリッシュなデザインで男性のみならず女性からも非常に人気が高かった。

 車名の通りカリーナの派生モデルとして登場したEDは、「品位ある美しさと十分な居住空間を持つ高性能4ドアハードトップ」をテーマに開発された。最大の見どころは、トヨタ初のセンターピラーレス4ドアハードトップを採用したこと。これにより従来の4ドアセダンでは見られなかったスマートなエクステリアデザインや、開放感あふれるグラスエリアを実現。

 それに伴い、当時の量産4ドア車としては世界で最も低い全高を実現したのだ。加えて、水平基調のベルトラインとワイドなトレッドにより、安定感のあるフォルムを作り出している。そして、車名の由来となっている「エキサイティング・ドレッシー(Exciting・Dressy)」というキャッチコピー通りの、刺激的で華やかなフォルムを手に入れたのである。現代のクルマでは味わえない特権と言える、ワイドなサイドウインドーから生み出される抜群の開放感のセンターピラーレス4ドアハードトップなど【写真17枚】
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Nosweb.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「トヨタ」に関する記事

「トヨタ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「トヨタ」の記事

次に読みたい「トヨタ」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク