トヨタ初となるピラーレスの4ドアハードトップボディ|1987年式 トヨタ カリーナED Gリミテッド Vol.2

トヨタ初となるピラーレスの4ドアハードトップボディ|1987年式 トヨタ カリーナED Gリミテッド Vol.2
拡大する(全1枚)
【1987年式 トヨタ カリーナED Gリミテッド Vol.2】

 日本で1980年代に大流行した「ピラーレス4ドアハードトップ」。4ドアボディながらセンターピラーを省き、美しいフォルムと開放感のあるキャビンを実現したスタイリングだ。トヨタが1985年に発表したカリーナED(以下ED)も、スタイリッシュなデザインで男性のみならず女性からも非常に人気が高かった。

【1】から続く

 ただ、全高の低さは居住空間に直結する。前述した通り、EDは量産4ドア車で最も低い全高だ。

 当然、一般的な4ドアセダンより室内は狭く、利便性も劣る。しかし、バブルに沸く当時は室内の広さや使い勝手うんぬんよりも、流麗なフォルムや斬新なコンセプトがユーザーに注目され、受け入れられた。

エレガントさとスポーティーさを高次元でバランスさせた室内空間など【写真17枚】

 このように、スタイリッシュなデザインやラグジュアリーテイストなど、デートカーに必要な要素をふんだんに持ち合わせていたEDだが、適度なスポーティー感を取り入れていたことにも注目したい。

 室内は6連メーターやバケットタイプシートなど、走りを意識させるアイテムを装備。エンジンも、1.8L SOHCのほか、セリカやコロナなどにも採用された2LDOHCのスポーツユニット3S‐GE型を搭載するなど、クルマ本来の楽しみが味わえることも、多くのファンに愛された理由のひとつだろう。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Nosweb.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「トヨタ」に関する記事

「トヨタ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「トヨタ」の記事

次に読みたい「トヨタ」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク