すべてが強く印象に残る車がコスモスポーツだった|マツダ・コスモ・ヒストリー Vol.1

すべてが強く印象に残る車がコスモスポーツだった|マツダ・コスモ・ヒストリー Vol.1
拡大する(全1枚)
1967年に販売開始された初代コスモスポーツから、1996年に生産終了した4代目にあたる3ローター搭載車まで、コスモは常に時代の先を行くものとして進化を続けてきた。その歴史の流れをここでは追ってみたい。

【コスモ・ヒストリー Vol.1】

 マツダコスモというと、旧車ファンにとってはまず、1967年に販売開始されたコスモスポーツの姿が思い起こされるだろう。ドイツのNSUヴァンケルが製作に成功したものの、まだ完成の域まで達していなかったロータリーエンジンの開発にマツダが総力を挙げて取り組み、実用化、量産化を成し遂げたその苦難の道のり。宇宙をイメージさせる未来的なボディのフォルム。すべてが強く印象に残る車がコスモスポーツだった。

▶【画像11枚】1967年5月から1972年9月まで生産されたコスモスポーツなど

 ロータリーエンジン開発以前、マツダと言えば3輪トラックのトップメーカーであった。しかし、時代はすでに4輪車の時代へと突入しており、他の自動車メーカーに対して後れを取っていたことは否めない状況。通商産業省の自動車業界再編計画の波にのまれ、吸収、消滅の危機にさらされていた。NSUとの技術提携により、社運をかけた実用化研究に着手して6年。その成果が10A型2ローター・ロータリーエンジンであり、それを搭載したコスモスポーツは、マツダのフロンティアスピリッツを象徴する新時代のクルマだったのである。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Nosweb.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「マツダ」に関する記事

「マツダ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「マツダ」の記事

次に読みたい「マツダ」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク