コスモは登場以来、常に新しいチャレンジをし続けてきた。|マツダ・コスモ・ヒストリー Vol.2

コスモは登場以来、常に新しいチャレンジをし続けてきた。|マツダ・コスモ・ヒストリー Vol.2
拡大する(全1枚)
1967年に販売開始された初代コスモスポーツから、1996年に生産終了した4代目にあたる3ローター搭載車まで、コスモは常に時代の先を行くものとして進化を続けてきた。その歴史の流れをここでは追ってみたい。

【コスモ・ヒストリー Vol.2】

【1】から続く

 コスモAP以降のラグジュアリー路線から、コスモAPを初代コスモと見ることもできる。そして、ロータリースポーツの血脈は、1978年登場のサバンナRX−7へと引き継がれたという考え方もできるだろう。

 リトラクタブルヘッドライトが特徴的な3代目は、HBコスモと呼ばれることが多い。これはプラットフォーム名のHBから。このコスモはエアロダイナミクスと視界・視認性の追求をテーマに、開発されたクルマだった。

【画像11枚】コスモAP以降、ラグジュアリー路線となった歴代コスモ

 当初は2ドアハードトップのレシプロエンジン車のみのラインナップだったが、後に4ドアハードトップと、サルーンと呼ばれる4ドアセダンが登場。ロータリーエンジン車もラインナップに加わる。同時代のルーチェとは姉妹車でもあった。

 シリーズ途中から追加されたロータリーエンジンは、6PI(ポートインダクション)12A型エンジンを搭載する。従来のプライマリー、セカンダリーの吸気ポートに加え、セカンダリーに補助ポートを増設。2ローターに対し、4つだった吸気ポートが6個に増え、8ビット1チップマイコンを採用したポートタイミングの適正化なども行い、130psを発揮した。さらには160psを誇るロータリーターボも加わった。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Nosweb.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク