ハコスカを手放すことになり「お金がかからず、維持しやすいコンパクトな旧車」を探して|1980年式 トヨタ スターレット SE Vol.1

ハコスカを手放すことになり「お金がかからず、維持しやすいコンパクトな旧車」を探して|1980年式 トヨタ スターレット SE Vol.1
拡大する(全2枚)
譲り受けたKP61は、製作途中のTS仕様だった。長く不動状態だったこともあり、いざ走らせてみると、ヘッド、ミッション、ドライブシャフトなど、機関系のあらゆるところからオイル漏れが発生。まずは、各部のシール、パッキン、ガスケット類を総取り換えしてリフレッシュ。その後、前オーナーが目指していたTSスタイルを完成させ、日々の買い物からサーキット走行まで、幅広いステージをカバーするオールラウンドスポーツとして再生した。インパクトのあるルックスと気軽に乗りこなせるカジュアルさのギャップがたまらない。

【1980年式 トヨタ スターレット SE Vol.1】

 所有していたハコスカを手放すことになり、「お金がかからず、維持しやすいコンパクトな旧車」を探していたオーナー。「次はハードメイクを避け、買い物からスポーツ走行まで、幅広く楽しめるカジュアルな仕様にしよう」と決めていた。

サファリブラウンを狙って調合したイエローにオールペイントされた外装。13インチの設定があるスポーツラジアルも数少ないため、引っ張り気味で履かせているクムホのエクスタV700など【写真31枚】

 ところが、友人から譲ってもらうことになったKP61は、製作途上のTS仕様だった。それでも前オーナーによってボディがきれいに修復されていたので、お買い物仕様としては少し派手ではあるものの、ワークスフェンダーを生かして製作を継続することを決意。結局、フルストリップついでにスポット溶接を施してロールケージも組み込み、強靭なボディを構築。エアロを装備し、オールペイントも実施するなど、かなり本気の仕様に仕上がった。

この記事の画像

「ハコスカを手放すことになり「お金がかからず、維持しやすいコンパクトな旧車」を探して|1980年式 トヨタ スターレット SE Vol.1」の画像1 「ハコスカを手放すことになり「お金がかからず、維持しやすいコンパクトな旧車」を探して|1980年式 トヨタ スターレット SE Vol.1」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Nosweb.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「トヨタ」に関する記事

「トヨタ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「トヨタ」の記事

次に読みたい「トヨタ」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク