戦績を振り返れば「ラリーのトヨタ」。名門ランチアを破ったTTEセリカ|トヨタ セリカ GT-FOUR Gr.A for WRC Vol.1

戦績を振り返れば「ラリーのトヨタ」。名門ランチアを破ったTTEセリカ|トヨタ セリカ GT-FOUR Gr.A for WRC Vol.1
拡大する(全2枚)
1960年代前半からサファリに本格参戦を始めた日産に比べ、トヨタによる体系立ったラリー活動はほとんど見られなかった。しかし、70年代中盤にTTE(トヨタチームヨーロッパ)が設立されてオベ・アンダーソンが代表に就くと、トヨタのラリー活動は一気に本格化。日本メーカー初のWRCレギュラー参戦を果たし、王座に君臨するラリーの名門ランチアと死闘を演じた末にタイトルを獲得。立役者となったのはターボ4WDのグループA、セリカGT-FOURだった。

【トヨタ セリカ GT-FOUR Gr.A for WRC Vol.1】

 トヨタがWRCで勝てるようになったのはTA64の時代(1980年代中盤)。そしてWRCへのレギュラー参戦を開始してシリーズタイトルを争うようになったのは、このST165の時代から。今回紹介する車両は1990年のサファリラリー優勝車、B・ワルデガルド/F・ギャラハー組のセリカGT-FOURだ。

 ラリースペシャルとして、1980年代前中盤のWRCを牽引したグループB規定は、高いベースポテンシャルがもたらすスピードとパワーで、多くのファンを魅了したが、終盤期にはドライバーの手に余る危険な代物にまで予想外の変貌を遂げていた。結果、このハイポテンシャルはリスクとなって幾多のアクシデントを生んでいた。

【画像11枚】公表値295ps/6000rpm、38.0kg-m/4400rpmの3S-GTE型エンジン。TTEが定番ホイールとして使用していたOZレーシングなど

この記事の画像

「戦績を振り返れば「ラリーのトヨタ」。名門ランチアを破ったTTEセリカ|トヨタ セリカ GT-FOUR Gr.A for WRC Vol.1」の画像1 「戦績を振り返れば「ラリーのトヨタ」。名門ランチアを破ったTTEセリカ|トヨタ セリカ GT-FOUR Gr.A for WRC Vol.1」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Nosweb.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「トヨタ」に関する記事

「トヨタ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「トヨタ」の記事

次に読みたい「トヨタ」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク