サファリを最も好んだワルデガルド。初代セリカGT‐FOUR(ST165)の1990年サファリラリー優勝車|トヨタ セリカ GT-FOUR Gr.A for WRC Vol.4

サファリを最も好んだワルデガルド。初代セリカGT‐FOUR(ST165)の1990年サファリラリー優勝車|トヨタ セリカ GT-FOUR Gr.A for WRC Vol.4
拡大する(全1枚)
1960年代前半からサファリに本格参戦を始めた日産に比べ、トヨタによる体系立ったラリー活動はほとんど見られなかった。しかし、70年代中盤にTTE(トヨタチームヨーロッパ)が設立されてオベ・アンダーソンが代表に就くと、トヨタのラリー活動は一気に本格化。日本メーカー初のWRCレギュラー参戦を果たし、王座に君臨するラリーの名門ランチアと死闘を演じた末にタイトルを獲得。立役者となったのはターボ4WDのグループA、セリカGT-FOURだった。

【トヨタ セリカ GT-FOUR Gr.A for WRC Vol.4】【3】から続く

 こうした過程で作られた車両が、この初代セリカGT‐FOUR(ST165)の1990年サファリラリー優勝車で、クルーはB・ワルデガルド/F・ギャラハーのベテランコンビ。TTE創設者のアンダーソンの友人であり、TTE発展の原動力ともなったワルデガルドは、数あるラリー中でもサファリを最も好んだドライバーだ。

 グラベルラリーの中でもタフなことで知られるサファリラリーは、高い車高、多くの補助灯、左右Aピラーの根元のウイングライト、ガードバーの装着などで、他のラリーとは異なる外観上の大きな特徴を備えている。

 ところでサファリといえば、日本メーカーの中では通算7勝を挙げている日産が圧倒的に強いような印象も受けるが、実はトヨタは8勝をマーク。日産より多い勝ち星を残している。

【画像11枚】アベレージスピードの高いサファリで必要不可欠な強力な補助灯など

 ちなみに、1953年に始まるサファリラリーは、その長い歴史の中で単独イベントであったりWRCであったりARC(アフリカラリー選手権)であったりするのだが、ここでの最多勝は通算13勝(14年現在)を記録した三菱が持っている。これにスバルが記録した4勝を加えると、日本メーカーだけでなんと32勝もマークしたことになる。

 しかし、なんといってもトヨタの功績は、まだどの日本メーカーもなし得なかったWRCのドライバーとメイクスの両タイトルを、初めて獲得したことに尽きるだろう。

【1】【2】【3】から続く
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Nosweb.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「トヨタ」に関する記事

「トヨタ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「トヨタ」の記事

次に読みたい「トヨタ」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク