優雅なスタイルで5人乗り! バン、セダンの後を受けて、1965年11月にクーペボディが追加。|1966年式 マツダ ファミリア クーペ
拡大する(全1枚)
【1966年式 マツダ ファミリア クーペ Vol.2】

【1】から続く

 初代ファミリアのバン、セダンの後を受けて、1965年11月に追加されたのが、ファミリアクーペだった。新設計の1L直列4気筒SOHC、PA型エンジンを搭載。2バレルツインキャブレターが組み合わされたスポーツユニットで、68 psのハイパワーを誇った。フロントにはディスクブレーキと高速走行時の安定性を向上させるアンチロールバーを装備。複動式ショックアブソーバーの採用など、メカニズムの充実ぶりも時代の最先端を走っていた。

 ボディデザインは、セダンのシルエットを生かした優雅でスポーティーなクーペスタイルでありながら、5人乗れる室内空間を確保していた。

▶▶▶【画像23枚】大人3人が座れる設計だが、タイヤハウスの張り出しもあり、少し窮屈かもしれない後部座席など

【3】に続く

1966年式 マツダ ファミリア クーペ(MPA)
Specification 諸元
全長 3700mm
全幅 1465mm
全高 1345mm
ホイールベース 2190mm
トレッド前/後 1200 / 1190mm
最低地上高 160mm
室内長 147mm
室内幅 1250mm
室内高 1080mm
車両重量 790kg
乗車定員 5名
最高速度 145km / h
登坂能力 sinθ0.366
最小回転半径 4.4m
エンジン型式 PA型
エンジン種類 水冷直列4気筒SOHC
総排気量 985cc