マイナーチェンジで登場した「ダブルエックス」|1992年式 ダイハツ シャレード 1000 ツインカムターボ GT-XX
拡大する(全1枚)
ダイハツを代表するベーシックカーで、リッターカーのパイオニアとして知られるシャレード。多くの人は実用車的なイメージを持っているかもしれないが、じつはモータースポーツと深いかかわりがある。

【1992年式 ダイハツ シャレード 1000 ツインカムターボ GT-XX Vol.2】

【1】から続く

 3代目では、ラリーでの速さを象徴するスポーツグレードも進化。先代には「デトマソターボ」が設定されていたが、3代目では「GTti」をラインナップ。エンジンは、105psを発揮する新開発の直列3気筒DOHCインタークーラー付きターボを搭載。サスペンションも専用チューンを施し、低圧ガス封入式ダンパーや強化スタビライザーを採用。ブレーキは4輪ディスクにアップグレードされ、駆動系にはクロスレシオのミッションや等長ドライブシャフトを装備。こうした、走りを徹底的に追及したチューニングを施すことで、リッターカートップクラスの動力性能を実現するとともに、走り好きの若者から支持されたのである。

 なお、GTtiは1988年のマイナーチェンジでGT‐XXに名称を変更し、パーソナルユース・リアシートを廃止。続く1989年にも改良が行われ、今度はデジタルメーターのオプション設定をなくし、ボディカラーのバリエーションも減少してしまった。そして1993年には、後継のG200へバトンを託したのである。このように、クラストップレベルの性能を誇りながらも、スターレットターボやマーチ・スーパーターボといったライバルの陰に隠れてしまい、大ブレイクするには至らなかったシャレード。しかし、ツウ好みの一台として人気が高かったことは事実だ。