〜日陰に集まって一服しながらおしゃべり〜 常夏の国、結局午後から始まった集会|ニッポン旧車の楽しみ方 マレーシア・スペシャル Vol.1
拡大する(全1枚)
海外でニッボン旧車がどのように乗られているか、またオーナーたちはどのような人たちなのか……。そんな興味を毎号掘り下げていく企画で続いている連載。
今号ではアメリカを離れて、東南アジアの国「マレーシア」で取材を敢行した。現地は日本と同じ左側通行で、右ハンドルのクルマが基本。日本車輸入天国かと思いきや、マレーシア独自の自動車産業が発展していたのだった。

【ニッポン旧車の楽しみ方 2016年 マレーシア・スペシャル Vol.1】

 例年のように厳しい天候に見舞われた、2016年8月の日本列島。暑い日には旧車に乗るのがためらわれるし、台風が来るとなればクルマへの被害が気にかかる。

 その8月に訪れた南国マレーシアは、梅雨明けの日本のような天気だった。首都クアラルンプールは東京にも負けないほどの国際都市で、高速道路の渋滞も日常茶飯事。それでいてなぜか、空気が汚い感じはしない。道を走っているクルマはどれもきれいで、ただほとんどが見慣れないエンブレムをつけている。それは2種類。
「プロトンとプロドゥアという国産車です。日本の三菱とダイハツと同じクルマなんですよ」
 ミーティング会場に向かうクーラーの効いた新車の中で、ナイムさんが教えてくれた。
「ミーティングをクアラルンプールでやることが多いのは、国内どこからでも4時間以内で来られるからです。細かい車種分けをした集まりはあまりしなくて、『日本車全部』みたいなくくり方ですね。だからオーナー同士の垣根みたいなものはありません。日本旧車をリアルタイムで体験した世代には、閉鎖的なクラブ運営をしている所もあるようですけれど」。