唯一無二のオープンモデル! ロータリー20周年を記念して発売されたRX-7カブリオレ|1990年式 マツダ サバンナ RX-7 カブリオレ  Vol.1
拡大する(全1枚)
【風立ちぬオープンカー】
太陽を浴び、風を受け、四季を感じられるのはオープンカーの特権。
屋根を開ければ、いつもと違う情景や香り、音などに気付くはず。
普段は味わえない開放感や爽快感を肌で感じられるオープンカーはアナタを非日常の世界へ連れて行ってくれるだろう。

【1990年式 マツダ サバンナ RX-7 カブリオレ Vol.1】

 ロータリーエンジンを搭載した最初のモデルとしてコスモスポーツが登場したのが1967年。それから20年後の1987年8月、ロータリーエンジン発売20周年を記念してFC3C RX‐7カブリオレが発売された。

>>【画像21枚】取材車両はレストアの終わったばかりのオーナー車。オーナーがもともと装着していたものをそのまま使用したマツダスピード製のマフラーなど

 最上級グレードのGTリミテッドをベースに電動ソフトトップ化したカブリオレは、オープンエアドライブを快適に楽しむために、風の巻き込みを低減するエアロボードやサラウンドシステム内蔵ヘッドレストスピーカー、上質な本革シート、リアのデフォッガー付きガラスウインドーを装備。その一方、スポーティーな走りを犠牲にしないために、効果的なボディ補強を実施。これによりクローズドボディ並みのボディ剛性を確保し、ソリッドな走りを実現した。

【2】に続く

1990年式 マツダ サバンナ RX-7 カブリオレ(FC3C)
SPECIFICATION 諸元