究極のニコイチ!? ハイブリッド ホンダ S600 レーサー 1

究極のニコイチ!? ハイブリッド ホンダ S600 レーサー 1
拡大する(全4枚)
旧車のなかでも珠玉のライトウェイトスポーツとして知られる、ホンダS600。
日産製ジュニア・フォーミュラとして幅広い人気を得たザウルスJr.。

この何の接点もない2つの要素が、ある日、結びついて驚異的な化学反応を起こした。

既成概念にとらわれない、クルマを楽しむ自由な気持ちが、こんなに新しいクルマを生み出した。旧車の遊び方は、いろいろなのだ。

究極のニコイチ!? ハイブリッド ホンダ S600 レーサー 1

このクルマが「エスロク」たる部分は、その外皮、そして心臓部であるエンジンのみ。

シャシーを中心とする残りの基本部分は、純フォーミュラレーサーであるザウルスJr.そのものである。まさに「羊の皮を被った狼」を地でいく存在だが、その誕生には明確な理由があった。「K4-GPへの参戦」だ。

 K4-GPは軽自動車で行う耐久レースで、軽規格のエンジンを使用していれば、車体に関するレギュレーションは比較的自由なのが特徴。このレースには、すでにザウルスJr.シャシーをベースに、ロータス23ボディを被せたマシンなどが走っており、それを見た工房名岐の近藤代表は、同じコンセプトでのマシンメイクを決意。運良くフレームとエスロクのFRPカウルが入手できたので、マシン製作を開始した。

究極のニコイチ!? ハイブリッド ホンダ S600 レーサー 1

低いレーシングスクリーンの見た目もあってワイドに見えるが、実は実車よりドア部分が10cm長い。フロントライトベゼルとリアレンズは新品パーツを装着。

究極のニコイチ!? ハイブリッド ホンダ S600 レーサー 1

ブリティッシュレーサーの様なカラーリングで、この角度だとMGにも見える。

掲載:ノスタルジックヒーロー 2011年 04月号 vol.144(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

この記事の画像

「究極のニコイチ!? ハイブリッド ホンダ S600 レーサー 1」の画像1 「究極のニコイチ!? ハイブリッド ホンダ S600 レーサー 1」の画像2 「究極のニコイチ!? ハイブリッド ホンダ S600 レーサー 1」の画像3 「究極のニコイチ!? ハイブリッド ホンダ S600 レーサー 1」の画像4

当時の記事を読む

Nosweb.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月15日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。