S500/600/800に続く4輪メーカーへの足がかりとして発表された ホンダ N360 ツーリングS 1

S500/600/800に続く4輪メーカーへの足がかりとして発表された ホンダ N360 ツーリングS 1
1967年3月に、ホンダがS500/S600/S800に続く4輪メーカーへの足がかりとして発表したのが、N360だ。
エンジンは空冷2気筒OHCの354ccで31psを発揮するN360E型エンジンを搭載し、前輪駆動を採用。FF2ボックスのシンプルなスタイルのボディは、広い車内スペースを持ち、最高速は115km/hという高性能を誇った。

しかも、約31.3万円~という低価格もあって、発売後1年半で12万台を超えるという爆発的な売れ行きをみせ、一躍軽自動車のベストセラーの座に上りつめた。

 翌68年9月には、新たにN360T(ツーリング)シリーズを追加。キャブレターをツインにすることで36psにパワーアップし、最高速も120km/hにまで高められていた。

このTシリーズは、ベーシックモデルの「T」のほか、スポーティーな装備の「TS」、豪華装備の「TM」、超豪華装備の「TG」の4タイプがラインナップされた。

S500/600/800に続く4輪メーカーへの足がかりとして発表された ホンダ N360 ツーリングS 1

初期型TSはグリルのモールと一体型のHマークだったが、NⅡのツーリングSからはメッシュグリルに赤地+白字のHマークエンブレムに変更された。助手席側には「TOURING」のエンブレムも装着される。本来は、フォグランプが装備されるのが標準となる。

S500/600/800に続く4輪メーカーへの足がかりとして発表された ホンダ N360 ツーリングS 1

リアのナンバー灯カバー上の「HONDA」プレートは、初期型の黒からNⅡでは赤に変更された。

S500/600/800に続く4輪メーカーへの足がかりとして発表された ホンダ N360 ツーリングS 1

トランクの右側には「TOURING」のエンブレムが装着される。

S500/600/800に続く4輪メーカーへの足がかりとして発表された ホンダ N360 ツーリングS 1

左側は、S専用デザインのエンブレムが配置される。初期型は黄色い文字の「TS」エンブレムが採用されていた。

S500/600/800に続く4輪メーカーへの足がかりとして発表された ホンダ N360 ツーリングS 1

精悍なブラックメッシュのフロントグリルはツインキャブを誇るツーリング専用デザイン。フェンダーミラーがボディ同色なのもSの特徴の1つ。

掲載:ノスタルジックヒーロー 2011年 04月号 vol.144(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

あわせて読みたい

Nosweb.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュース

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スズキ」のニュース

次に読みたい関連記事「スズキ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュース

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月29日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。