中島飛行機をルーツとする富士重工業 スバルデザインの起源と伝承 1

中島飛行機をルーツとする富士重工業 スバルデザインの起源と伝承 1
スバル360と、その設計開発の中心となった百瀬晋六のストーリーは、たびたび採り上げてきた。そして百瀬とともにスバル360の個性的なデザインをつくりあげたのが、美術大学で教鞭を執っていた工業デザイナー、佐々木達三だった。そしてこの1台の軽四輪自動車が誕生する過程の中で、スバルの技術思想の根底にあるべき考え方が醸成されていったのだ。

後に「百瀬イズム」「佐々木イズム」と呼ばれるモノづくりの考え方は、使う人のことを徹底的に考えた製品づくりを指し、その教えは次の世代のデザイナーたちに受け継がれていった。スバル360から初代レガシィまでのデザインワークにかかわった加藤登は、まさに直系の継承者。その加藤にスバルデザインの起源の伝承について、語ってもらった。

60年秋、加藤は百瀬と出会う。
中島飛行機をルーツとする富士重工業 スバルデザインの起源と伝承 1

78年3月、ザ・ニューレオーネの試作車が完成。その試走式で立ち話をする百瀬(左)と加藤。
スバル360が世に出て3年後の61年に、加藤は富士重工業に入社。百瀬イズムを叩き込まれながら、デザイナーとしての経験を積んでいった。

 富士重工業が、中島飛行機をルーツとする自動車(そして飛行機)メーカーであることはよく知られている。現在、スバルブランドの代表作となっているのは、レガシィとインプレッサだ。昭和のブランドイメージを築いた傑作、それは今も多くの人たちに愛されている「スバル360」だろう。誕生したのは西暦1958年、日本の年号では昭和33年の3月3日だった。3が並んだ日に産声をあげている。このスバル360は2008年に生誕50周年の節目を迎えた。

あわせて読みたい

Nosweb.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「BMW」のニュース

次に読みたい関連記事「BMW」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「レクサス」のニュース

次に読みたい関連記事「レクサス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュース

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月18日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。