キーマン二人のうち一人は日系人。アメリカの誇りを築いたアイコン的スポーツカー コルベットC2 1

キーマン二人のうち一人は日系人。アメリカの誇りを築いたアイコン的スポーツカー コルベットC2 1
2人のキーマン
 アメリカンスポーツカーの金字塔、シボレー・コルベット歴代モデルの中でも、63年モデルとして1962年秋にデビューしたC2こと第2世代は、ここ数年で世界的なブームとも言うべき超人気モデルと化している。

 この2代目コルベットの誕生について語るには、1人の有能な若手エンジニアの存在を欠かすことはできないだろう。その名は、ゾーラ・アーカス・ダントフ。ベルギー生まれの彼は技術者として非凡な能力を持つ一方、学生時代からレースで活躍していた生粋のエンスーでもあった。そして彼が、コルベットをベースに仕立てた一連のレース向けモデルが、のちのC2の技術的バックボーンとなるのだ。

 さらにここで、もう1人のキーマンが登場する。「ラリー・シノダ」の愛称で知られる日系アメリカ人デザイナー、ローレンス・キヨシ・シノダである。日系人の例に漏れず、第2次大戦中には収容所に強制移住させられ、正規の教育を受けられなかったラリーだが、若き日から持ち前の才能を発揮した彼がデザインの指揮を執ったコンセプトカー「XP755マコ・シャーク」は、ダントフの手掛けたレース向けコルベットの一つ「スティングレイレーサー」とともに、C2の実質的な試作モデルとなったのである。

キーマン二人のうち一人は日系人。アメリカの誇りを築いたアイコン的スポーツカー コルベットC2 1

ボディのウエストラインを一周するシャープなエッジは、持ち前の美しいデザイン上の大きな特徴。20年来のオーナーである根本さん自身の手でペイント剥離、研ぎ出ししたラインが完璧なチリ合わせを見せている。

キーマン二人のうち一人は日系人。アメリカの誇りを築いたアイコン的スポーツカー コルベットC2 1

低いウィンドシールドには、60年代のスポーツカーらしい対向式ワイパーが取り付けられる。

キーマン二人のうち一人は日系人。アメリカの誇りを築いたアイコン的スポーツカー コルベットC2 1

ソフトトップを閉めた状態でも、2代目コルベット最大の特徴である美しいプロポーションが損われることはまったくない。

キーマン二人のうち一人は日系人。アメリカの誇りを築いたアイコン的スポーツカー コルベットC2 1

丸型4灯のテールランプはC1後期で試験的に導入。先代のC6まで半世紀以上にわたるアイコンとなった。

掲載:ノスタルジックヒーロー 2014年4月号 Vol.162(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

あわせて読みたい

Nosweb.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月26日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。