初代より短く広く。185psでデビューした2代目|ノーマルの前期サバンナRX-7 GT-X 2

初代より短く広く。185psでデビューした2代目|ノーマルの前期サバンナRX-7 GT-X 2
ロータリーエンジンを生かし 進化し続けたリアル・スポーツの栄光
初代より短く広く。185psでデビューした2代目|ノーマルの前期サバンナRX-7 GT-X 2


1980年代のど真ん中にあたる85年に登場したのが、2代目となるFC3SサバンナRX-7だ。初代(SA22C)は割とライトウエイトスポーツ的なクルマだったのに対し、FC3Sは本格的なスポーツカーを目指していた。2ドアクーペのスタイルは初代から大幅に洗練されたものだが、全幅を20mm広げながら、全長を10mm短くすることで、ギリギリ4名乗車のスペースを確保しつつ、より高い運動性能を引き出すパッケージングとなっていた。

 搭載されたエンジンは、もちろんマツダが世界に誇るロータリーエンジンで、新開発の13B型(654cc×2)。しかも、国内仕様はインタークーラー付きターボのみのラインナップとなっていて、最高出力は185psを誇り、まさにリアルスポーツと呼ぶに相応しいポテンシャルを誇った。

 さらに、89年4月にマイナーチェンジが施され、リアのコンビネーションランプを角形から丸形へ、シートやメーター類のデザインが変更されるなどリフレッシュ。同時に、ライバルたちのハイパワー競争に引けをとらないため、エンジンはタービンなどの改良によって185psから205psへとパワーアップが施されることになる。

 グレードは廉価版の「GT」、 標準仕様の「GT‐R」、ビスカス式LSDとアルミボンネット(後期)を装備する「GT‐X」、豪華装備の「GTリミテッド」の4種類。また、2シーター仕様のハイスペックな特別仕様「アンフィニシリーズ」が発売されたり、87年8月には「カブリオレ」が追加されるなど、幅広いニーズに合わせたラインナップで、高い人気を誇った。

初代より短く広く。185psでデビューした2代目|ノーマルの前期サバンナRX-7 GT-X 2

ラゲージスペースには、荷物を固定するためのベルトがX状に装備されている。

初代より短く広く。185psでデビューした2代目|ノーマルの前期サバンナRX-7 GT-X 2

リアのストラット上部には、純正でスピーカーがマウントされていて、上部にはメッシュのカバーが付く。

初代より短く広く。185psでデビューした2代目|ノーマルの前期サバンナRX-7 GT-X 2

リアゲートの右側にはランプが装備されている。

ハチマルヒーローvol.12 2009年 12月号 (記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

あわせて読みたい

Nosweb.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ホンダ」のニュース

次に読みたい関連記事「ホンダ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「日産自動車」のニュース

次に読みたい関連記事「日産自動車」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月5日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。