日本国内のラリーBクラス向けに開発された専用車「マーチR」|競技仕様のマーチR 3

日本国内のラリーBクラス向けに開発された専用車「マーチR」|競技仕様のマーチR 3
83年9月には5ドアハッチバックを追加され、87年8月には3ドア・キャンバストップを発売。マーチというクルマの性格は、この時点で確立されたかに見えた。しかし日産は、この小さなボディのマーチに、さらなる超ホットバージョンを設定したのだ。それがカタログモデルのラリー専用車「R」だった。

 当時の日本国内のラリーBクラス(1600ccまで)での参戦に向けて、車両規則(ターボ係数は排気量×1.7倍)に合わせてエンジン排気量を下げて930ccとし、スーパーチャージャー+ターボチャージャーを備えるMA09ERT型エンジンを搭載。フロントデフにはビスカスLSDを装備し、5速MTは超クロスレシオを採用。日産のラリー魂を凝縮し、具現化したようなモデルとしたのだった。そして翌89年1月には、Rのロードバージョンともいえる、3ドア・スーパーターボもラインナップに加わった。

日本国内のラリーBクラス向けに開発された専用車「マーチR」|競技仕様のマーチR 3

日本国内のラリーBクラス向けに開発された専用車「マーチR」|競技仕様のマーチR 3

ニスモ製のシフトノブ以外は、オリジナルの状態を保っているオーナー阿部さんの2台目のR。ステアリングやシートは競技向けパーツに交換されることを前提としているので、簡素なものとなっている。

日本国内のラリーBクラス向けに開発された専用車「マーチR」|競技仕様のマーチR 3

ホイールはオリジナルではスチールだが、このRにはニスモ製の5.5JJ×13をチョイス。

日本国内のラリーBクラス向けに開発された専用車「マーチR」|競技仕様のマーチR 3

マフラーは阿部さんプロデュースのK10motorsportfactory製。オールステンレスの3分割で、パイクカーにもジャストフィット。価格は7万9800円。

ハチマルヒーローvol.12 2009年 12月号 (記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

あわせて読みたい

Nosweb.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ホンダ」のニュース

次に読みたい関連記事「ホンダ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「日産自動車」のニュース

次に読みたい関連記事「日産自動車」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「テスラ」のニュース

次に読みたい関連記事「テスラ」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月18日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。