所有歴最長のスバル360オーナーを目指します。50年所有の54歳の目標|スバル360コンバーチブル Vol.3

所有歴最長のスバル360オーナーを目指します。50年所有の54歳の目標|スバル360コンバーチブル Vol.3
1960年式 スバル360コンバーチブル(K111)

 成長するにつれて遊ぶことはなくなったものの、それでも手放さないように頼むことは忘れず、店舗が2度移転した際にも、ブレーキが固着したまま無理やり牽引してまで運んでもらうなどして所有し続けた。

所有歴最長のスバル360オーナーを目指します。50年所有の54歳の目標|スバル360コンバーチブル Vol.3

フロントとサイドのルーフレールはそのままで、モノコック構造のボディに影響を与えないオープンボディ化がなされている。

 大人になり、実際に所有権が徹也さんに移ることになるが、それまでも実質的に徹也さんのスバル360だったと言っても過言ではないだろう。

 長年動かないオモチャであったスバル360のレストアが行われたのは2007年のこと。いつも来ていたスバルマニアの郵便配達員が「触らせてくれ」と言うのでクルマを預けてみたところ、キャブレターの清掃をしてくれてエンジンが復活。

 そこから溝辺さんも本格的にレストアを開始し、ボディや足回りなどを修復。オリジナル部品を保ったままフルレストアを行った。

 当時のままの姿でよみがえったようなスバル360を前に、溝辺さんは「これほど長く所有しているオーナーで、自分ほど若い人はまずいないでしょう。できるだけ長生きして、所有歴最長のスバル360オーナーを目指します」と語ってくれた。

所有歴最長のスバル360オーナーを目指します。50年所有の54歳の目標|スバル360コンバーチブル Vol.3

ステアリングの樹脂部分に割れが見られるが、60年経過したクルマとしてはきれいな状態といえる。

所有歴最長のスバル360オーナーを目指します。50年所有の54歳の目標|スバル360コンバーチブル Vol.3

通常のスバル360であればメーターが何周かしていたり、エンジン交換で初期化されていてもおかしくないが、この個体は正真正銘の1周目、走行距離は5万4500㎞である。

あわせて読みたい

Nosweb.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ポルシェ」のニュース

次に読みたい関連記事「ポルシェ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「レクサス」のニュース

次に読みたい関連記事「レクサス」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月11日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。