『進撃の巨人 特別総集編』第1夜、藤原啓治のハンネスに泣いた…。リヴァイ班には「何回見てもツラい」「大好きだった」
拡大する(全1枚)

TVアニメ『進撃の巨人』を6夜にわたって振り返る特別総集編が放送中。第1夜では藤原啓治さんの声やその後の伏線となったシーンに「泣いちゃう」などのコメントが続出しました。みんなの感想を振り返ってみましょう。

2022年1月10日から始まるTVアニメ『進撃の巨人 The Final Season』2クール目の放送に備え、これまでの全75話を6回に分けて振り返る特別総集編が放送中。

第1夜では『Season 1』の1話から22話にあたるエピソードを振り返りました。
先の展開を知ってから見返すと、「今見ると泣いちゃう」、「あの頃はまだ平和だった」など思わぬ場面で心をえぐられた視聴者も。
小野大輔さんや小林ゆうさん、藤原啓治さんなどキャストの声にもコメントが続出したとか?

みんなの感想とともに、注目ポイントをおさらいしてみましょう。
『進撃の巨人 特別総集編』第1夜、藤原啓治のハンネスに泣いた...の画像はこちら >>

TVアニメ「進撃の巨人」The-Final-Season公式サイト 画像

via TVアニメ「進撃の巨人」The-Final-Season公式サイト

小野大輔&小林ゆうのナレーションがエモい

新録のナレーションも楽しむことができる特別総集編。第1夜ではエルヴィン役の小野大輔さんと、サシャ役の小林ゆうさんがナレーションを担当しました。

これまでのTVアニメを見てきたファンは2人が演じたキャラクターの共通点を深読み。
「よりにもよって小野さんと小林さんの声がして悲しくなる」、「この2人がナレーションしていて泣く」、「人選がエモい」と、放送開始直後から心を揺さぶられていました。
小野大輔さんが世界観の解説をしている場面では、真実を知ろうと戦い続けたエルヴィンの生涯を思い出した視聴者も多数。
「エルヴィンの声で始まるのよすぎ」、「待って、エルヴィンがナレーションしてるのやっぱり泣いちゃう」、「この世界の真実を知ることなくナレーションを担当したのか」などのコメントが見られました。

藤原啓治のハンネスに号泣「キャスト欄で泣く」

声で視聴者を泣かせたキャラクターはもう1人。開始から約3分半のシーンで登場したハンネスです。
幼いエレンたちに、仕事をさぼって酒を飲んでいることがバレるハンネス。頼りない大人に見えますが、藤原啓治さんの声で憎めないキャラクターになっています。

藤原さんは『Season 1』でハンネスの声を担当。しかし『Season 2』からは藤原さんが病気療養に入ったため、津田健次郎さんがハンネスを引き継ぎました。シリーズ序盤でしか聞くことができない声に、「藤原啓治さんボイスのハンネスさんだあああ!」、「藤原さんの声のままで放送してくれて感謝」、「ハンネスさんの声で涙出てきた」、「藤原さんボイスだった時点で既に泣いているのでこの先の展開無理」、「ハンネスさん……藤原啓治さん…… 大好き」とファンの感動もひとしお。

エンドロールには藤原さんと津田さんの名前がどちらも書かれており、「キャスト欄でまた泣かされた」とコメントする視聴者もいました。

なぜか平和に見える1期「兵長がつらすぎ」

物語が進むにつれ、過酷な展開が待ち受けている『進撃の巨人』。
視聴者のメンタルも鍛えられたようで「あの頃はまだ平和だった……」、「巨人がたくさんいて人も食われるのになぜか1期は平和に見える」、「巨人を倒せばいいだけではと、この頃はまだ生半可な気持ちだった」と、冷静に振り返るファンのみなさん。特別総集編第1夜には、『The Final Season』で回収された伏線となるシーンやセリフも登場。

「ラストまでわかってから序盤を見ると、いろんな思いがあふれてくる」、「改めて振り返ると、あれが伏線だったのかと発見があった」、「エレンの『俺がこの世に生まれたからだ』ってセリフ、最後まで読んでから振り返ると考えさせられる」、「納得する部分がたくさん出てきて総集編なのに真剣に見てしまう」など、何度見ても飽きない作品だとファンに実感させていました。第1夜のラストでは「リヴァイ班」がTwitterでトレンド入りするほどの盛り上がりに。

リヴァイ班の団員が容赦なく倒されていくシーンに、「何回見てもしんどい」、「やっぱりリヴァイが可哀想」、「仲間の死体を見つけたときの兵長の表情がつらすぎる」、「情緒がごりっごりに削られた」、「予想以上にリヴァイ班のシーンで心臓をえぐられた」などの感想が相次ぎました。

中には「もし当時のリヴァイ班に雷槍があったら余裕だったんだろうな」と生存ルートを考えてしまう人も。
「リヴァイ班がこんなにあっけなくいなくなるなんて……初めて見たときは『容赦ないアニメだな』と驚いた」と視聴者に思わせるほど、作品の方向性が反映されたシーンでもありました。次回放送は11月8日予定。「特別総集編 第2夜」のほか、アニがメインとなる番外編「Wall Sina, Goodbye」(前後編)がオンエアされます。

番外編未見の方はもちろん、すでに見た方もおさらいすると新たな発見がありそうです!

進撃の巨人 特別総集編第2夜「知性を持つ巨人の出現」予告【11/7(日)24:05~NHK総合にて放送】

via www.youtube.com

これまでの記事はこちら!

■アニメ『進撃の巨人 The Final Season』Season4(4期)あらすじ・感想まとめ!【61話~最終話・74話】
https://numan.tokyo/anime/ite5v
■『進撃の巨人』名言ランキング、5位は「駆逐してやる!」。1位はリヴァイのあの台詞
https://numan.tokyo/anime/wHfIi
■『進撃の巨人』最終巻はどうだった?「リヴァイの言葉に泣く…」「諫山先生の才能を感じた」【ネタバレなし】
https://numan.tokyo/comic/KFwe4