『劇場版 呪術廻戦 0』の感想は?3つの注目ポイント。緒方恵美と花澤香菜が…五条にも胸アツ!
拡大する(全1枚)

『呪術廻戦』0巻『東京都立呪術高等専門学校』を映画化した『劇場版 呪術廻戦 0』が、ついに12月24日公開。早くも興行収入26億円を突破している本作、特に注目したポイントは? 実際に観に行ったファンの声や感想を紹介します。

大人気マンガ『呪術廻戦』の0巻『東京都立呪術高等専門学校』を映像化。公開前から大ヒット間違いなしとメディアでも取り上げられた『劇場版 呪術廻戦 0』が、ついに2021年12月24日に公開。
特に皆が感動したのはどこ? オリジナルシーンは? numan編集部では実際に観に行ったファンを直撃。リアルな声をご紹介します。
『劇場版 呪術廻戦 0』の感想は?3つの注目ポイント。緒方恵...の画像はこちら >>

『劇場版 呪術廻戦 0』公式サイトより

via jujutsukaisen-movie.jp

【1】緒方恵美の乙骨に絶賛。演技の振り幅が凄かった

今作の主人公・乙骨憂太の声優は『新世紀エヴァンゲリオン』のシンジ、『幽☆遊☆白書』の蔵馬なども有名なベテラン声優・緒方恵美さん。
予告映像が解禁される前から、多くの人が「これは間違いない」「楽しみすぎ」と予想していましたが……?「緒方さん×乙骨は本当にドンピシャ! ネガティブからポジティブ、絶望から希望の振り幅もさすがで緒方さん…といったところ。原作よりも乙骨のウジウジ感が増していて、原作よりもウジウジを脱した感も強く感じられました」

「苦しそうな乙骨、楽しそうな乙骨……どれも緒方さんが生き生きと、キャラに気持ちをのせているのが伝わる声。