2022年に発売予定の国産電気自動車。トヨタ、スバル、三菱の有望株の基本スペック
拡大する(全5枚)
世界と比べて遅れていると言われていた国産の電気自動車(BEV=バッテリー・エレクトリック・ビークル)だが、最近は多くの新車が登場している。

先日の東京オートサロンで初披露された国産BEV3台も、かなりの有望株だぞ!


トヨタの注目株。英国では約654万円、日本では!?

2022年に発売予定の国産電気自動車。トヨタ、スバル、三菱の...の画像はこちら >>



トヨタ・bZ4X GRスポーツ コンセプト

トヨタが披露したのは、今年半ばに発売を予定しているBEV、bZ4Xのスポーティバージョンのコンセプトカーだ。

サイズは同社のRAV4やハリアー並みで、一充電での航続可能距離は2WDが約500km、4WDは約460kmと十分。海や山へと荷物を積んで行くのも問題ないSUV型となる。

イギリスでは既に販売価格が4万1950ポンド(約654万円)~と発表されたが、日本ではトヨタのサブスクサービス、KINTOのみでの展開という噂も。

しかし、この程良いサイズ、十分な航続可能距離、未来的ながら武骨なデザイン、これは日本でこそ活躍してくれるSUVに違いない。
--{}--

顔つきも乗り味も、スバルらしさ全開の4WD

2022年に発売予定の国産電気自動車。トヨタ、スバル、三菱の有望株の基本スペック



スバル・ソルテラ

上記bZ4Xのスバル版がソルテラ。両社はBEV開発でタッグを組み、商品開発から設計、性能評価など多岐にわたり一緒にBEVを作りあげた。

ただしソルテラはスバルらしく4WDのみになるようで、乗り味も変えていると思われる。
 
2022年に発売予定の国産電気自動車。トヨタ、スバル、三菱の有望株の基本スペック

ラゲッジにはゴルフバッグを4つ積めるほどの広さがある。


モーターの制御プログラムを書き換えるだけで、いかようにも走行性能を変えられるBEVだけに、かつて同様に両社の名タッグで開発されたトヨタ・86/スバル・BRZよりも違いがハッキリするかもしれない。

この記事の画像

「2022年に発売予定の国産電気自動車。トヨタ、スバル、三菱の有望株の基本スペック」の画像1 「2022年に発売予定の国産電気自動車。トヨタ、スバル、三菱の有望株の基本スペック」の画像2 「2022年に発売予定の国産電気自動車。トヨタ、スバル、三菱の有望株の基本スペック」の画像3 「2022年に発売予定の国産電気自動車。トヨタ、スバル、三菱の有望株の基本スペック」の画像4
「2022年に発売予定の国産電気自動車。トヨタ、スバル、三菱の有望株の基本スペック」の画像5