ロータス初のSUVは電気! 変化の象徴「エレトレ」は、変わらぬロータスの象徴でもあった
拡大する(全8枚)


 漫画『サーキットの狼』のロータス・ヨーロッパや、映画『007  私を愛したスパイ』のロータス・エスプリ。いずれも脇役ではなく主人公が乗るスポーツカーだ。

▶︎この記事の画像ギャラリーを見る

それだけイギリスのヘセルに拠点を置くロータスは、ライトウェイトなスポーツカーブランドとしての地位を確立しているってことだ。

 電動化の大きな波が来ても、2019年には最高出力2000馬力のモンスター級な電気自動車(BEV)ハイパフォーマンスカー「エヴァイヤ」を130台限定で披露してみせた。

だからこのままスポーツカー道に邁進するのかと思いきや、2021年夏ついに「これが最後のミッドシップエンジン車」と宣言して「エミーラ」を発表。

さらに先日、ブランド初のSUVであり、電気自動車(BEV)としては第2弾となる「エレトレ」を発表した。


電気でも、SUVでも、ロータスはやっぱりロータス

ロータス初のSUVは電気! 変化の象徴「エレトレ」は、変わらぬロータスの象徴でもあった



といっても、70年以上もスポーツカーばかり作り続けてきたロータスだ。エレトレも、そんじょそこらのSUVやBEVとはちょっと違うことは、見た目からすでに漂ってくる。

最も特徴的なのは、ボディの中を風が通り抜けるダクト(孔)が随所に見受けられることだろう。

これは先のハイパフォーマンスカー「エヴァイア」や「エミーラ」と同じく「ポロシティ(多孔度)」と同社が唱えるデザイン思想の反映だ。

ロータス初のSUVは電気! 変化の象徴「エレトレ」は、変わらぬロータスの象徴でもあった



エレトレはモーターを前後に2つ搭載しているが、全長5103mmとランボルギーニ・ウルス級の大きなボディの割にボンネットが長くないのもまた、同社がこれまで得意としてきたミッドシップスポーツカーに準じたカタチだとしている。

この記事の画像

「ロータス初のSUVは電気! 変化の象徴「エレトレ」は、変わらぬロータスの象徴でもあった」の画像1 「ロータス初のSUVは電気! 変化の象徴「エレトレ」は、変わらぬロータスの象徴でもあった」の画像2 「ロータス初のSUVは電気! 変化の象徴「エレトレ」は、変わらぬロータスの象徴でもあった」の画像3 「ロータス初のSUVは電気! 変化の象徴「エレトレ」は、変わらぬロータスの象徴でもあった」の画像4
「ロータス初のSUVは電気! 変化の象徴「エレトレ」は、変わらぬロータスの象徴でもあった」の画像5 「ロータス初のSUVは電気! 変化の象徴「エレトレ」は、変わらぬロータスの象徴でもあった」の画像6 「ロータス初のSUVは電気! 変化の象徴「エレトレ」は、変わらぬロータスの象徴でもあった」の画像7 「ロータス初のSUVは電気! 変化の象徴「エレトレ」は、変わらぬロータスの象徴でもあった」の画像8